Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C7699]

ラクダ山、思わず日本?!って思ってしまいました^^;
印象的な姿ですね。
ススキの草原も凄いです。
対照的にひっそりと咲くお花さん達も素敵です。
美しい眺めを居ながらに楽しませて頂きました。有難うございます^^
  • 2008-11-12 14:59
  • g-trm
  • URL
  • 編集

[C7700]

お、フタコブラクダの背中だ!
と思ったら、やっぱりw
ラクダという生き物が知れる前から付いてた名前かはいざ知らず、言い得て妙なネーミングですよね。
やっぱそちらのゲンノショウコは色がスゴイ、先日こちらで見つけたのなんか足元にも及びませんね。
最後のはヤマキケマン? 花もいいけど葉が素晴らしいヤツですよね。

[C7701]

いつもだめだった植物園に行けたんですね~
時期的にキク科の花が多いですけど、
他の時期に行ったらどんなのが咲いているか楽しみですね。
ハガクレツリフネソウ、一度は見てみたいんですよね。
先日、そのうち新種となるであろうツリフネソウを見てきたんですよ
仕事が落ち着いたらエントリーします。
最後のやつはケマンの仲間ですが、葉が3回3出複葉なので、羽状複葉のヤマキケマンとは葉の形が違うみたいです。
分布から該当するのはツルキケマンの変種、ナガミノツルキケマンあたりでしょうか。

[C7702]

g-trmさんへ
ラクダ山ってネーミングが面白いですよね~。
これが正式な名前かどうかは分かりませんが、
野草園の立て看板に"ラクダ山"と書いてありました。それもでっかく。
辺りは普通の山々ばかりなんですけど、この山だけが変なんです。
自然の造形ってお茶目ですね。^^

以前の記事に"一面真っ白"て出てきましたよね。
それがこれなんです。
  • 2008-11-13 00:35
  • fumiQ
  • URL
  • 編集

[C7703]

牛柄さんへ
牛柄さんにはラクダの背に見えたようですね。
それに引き換え、私の第1印象は日本庭園に出てくる山の大きいなやつ。(笑)
想像力に枯渇の危険性が…。^^;
でも、初夏に見るこの山はコブを除いて青々としてとても綺麗なんですよ。
まるでどこかの庭園のように。^^

こちらのゲンノショウコは色が強烈ですよね。
そちらの白いタイプを拝見するたびにそう思います。
デジカメもこの色が苦手らしく、ときどき色飽和を起こしてしまうほどなんです。
にしても、早く白花を見たいよ~。
  • 2008-11-13 00:50
  • fumiQ
  • URL
  • 編集

[C7705]

かげさんへ
あのことを覚えていてくださったんですね。
ありがとうございます♪^^

この野草園はかなり広い敷地ではありましたが、
管理された花壇のようなゾーンは入り口近くだけで、
残りは自然な状態(つまりそこらの草原や野山のように)にしてありました。
いつも見ている草花がガーデニングのように植えられていて、
植物園に行くこと自体が初めてだった私にはとても新鮮な経験でしたし、
少し戸惑ってしまったのも事実です。^^

キケマンにはいろんな種類があるんですね。
1種類だけだと思っていたので、その数の多さに驚いてしまいました。
ナガミノツルキケマンって知らなかったし…。^^;
お蔭さまで、また1つ知識が増えました。ありがとうございます。
新種のツリフネソウ、期待してますね!
  • 2008-11-13 08:08
  • fumiQ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

片思いの野草園(3)




ヤギさんのいた斜面を越えると、そこは展望台になっていました。

向こうに見えるのは"ラクダ山"。


近くを通るたびに変な形の山だなぁ~って思っていたんですよね。

阿蘇の火山活動でこんな形になっちゃったと思うんだけど、

名前を聞いて納得です。^^





そんなに大きくなかったけど、

遅咲きのシシウドかな?


この野草園に着いたときは、その花の少なさに物足りなさも感じたけれど、

(片道100分かかる場所なので。^^;)

歩き回ってみると、意外とあるもんです。

そうそう、

ここには、野草の他に野鳥の観察ブラインドもあるんですよ。





咲く花すべてが珍しいわけではく、

こんな見慣れたカタバミだって普通に咲いているんですよ。


逆に新鮮に感じます。





ゲンノショウコも見~つけた。

野草園なんだから、白花タイプもあるかと期待したんですけど、

ピンクしか見当たりませんでした。


白花探しはまだまだ終りが来ないようです。





神輿もちゃーんとありましたよ。

(ゲンノショウコの別名はミコシグサ)


よく出来た鞘の神輿と、ほんのり染まったガクの色。

花びらが散った後もその魅力は尽きませんね。





高い位置から草原を観察出来るよう、観察小屋が設けてありました。

中に入ると、黒い物が点々と…


きっとアイツらの落し物に違いない。^^


黒い物を踏まないように注意して、外輪山を眺めます。





そこには、一面真っ白なススキの草原がありました。

阿蘇らしい光景ですね。


風に揺られたススキの穂が右へ左へとなびいて、

とても気持ち良さそうでしたよ。





観察小屋の反対側では、木々にツルが絡んで大きな実が生っていました。

スイカのように丸くて、しかも縦縞つき。

でも、美味しそうに見えないのはどうしてなんでしょう?^^

実の形からキカラスウリかな。


そういえば、今年はカラスウリの花を見なかったです。

あのレースのようなクモの巣のような不思議な花を見たかったなぁ…。





この花はハガクレツリフネですね。

もう覚えましたよ。


つい最近まで、熊本には咲いていない花だと決め付けていましたが、

出かける先々で見つけることが出来るようになりました。

こんな感じで、

目の前にあるけど気づくことの出来ない花ってまだまだあるんでしょうね。





暗い林中に見つけた黄色い花です。

黄色いからノササゲの花かな?って思っていたんですけど、

葉っぱが全然違うんですよね。

シソ科の花を探してみても該当はなし。


でも、花の上の実には見覚えがあります。ムラサキケマンです。

ということは…

仲間のキケマン?

時期が大きく異なっているから、似た仲間かもしれませんね。


それでは、この続きはまたあした。

コメント

[C7699]

ラクダ山、思わず日本?!って思ってしまいました^^;
印象的な姿ですね。
ススキの草原も凄いです。
対照的にひっそりと咲くお花さん達も素敵です。
美しい眺めを居ながらに楽しませて頂きました。有難うございます^^
  • 2008-11-12 14:59
  • g-trm
  • URL
  • 編集

[C7700]

お、フタコブラクダの背中だ!
と思ったら、やっぱりw
ラクダという生き物が知れる前から付いてた名前かはいざ知らず、言い得て妙なネーミングですよね。
やっぱそちらのゲンノショウコは色がスゴイ、先日こちらで見つけたのなんか足元にも及びませんね。
最後のはヤマキケマン? 花もいいけど葉が素晴らしいヤツですよね。

[C7701]

いつもだめだった植物園に行けたんですね~
時期的にキク科の花が多いですけど、
他の時期に行ったらどんなのが咲いているか楽しみですね。
ハガクレツリフネソウ、一度は見てみたいんですよね。
先日、そのうち新種となるであろうツリフネソウを見てきたんですよ
仕事が落ち着いたらエントリーします。
最後のやつはケマンの仲間ですが、葉が3回3出複葉なので、羽状複葉のヤマキケマンとは葉の形が違うみたいです。
分布から該当するのはツルキケマンの変種、ナガミノツルキケマンあたりでしょうか。

[C7702]

g-trmさんへ
ラクダ山ってネーミングが面白いですよね~。
これが正式な名前かどうかは分かりませんが、
野草園の立て看板に"ラクダ山"と書いてありました。それもでっかく。
辺りは普通の山々ばかりなんですけど、この山だけが変なんです。
自然の造形ってお茶目ですね。^^

以前の記事に"一面真っ白"て出てきましたよね。
それがこれなんです。
  • 2008-11-13 00:35
  • fumiQ
  • URL
  • 編集

[C7703]

牛柄さんへ
牛柄さんにはラクダの背に見えたようですね。
それに引き換え、私の第1印象は日本庭園に出てくる山の大きいなやつ。(笑)
想像力に枯渇の危険性が…。^^;
でも、初夏に見るこの山はコブを除いて青々としてとても綺麗なんですよ。
まるでどこかの庭園のように。^^

こちらのゲンノショウコは色が強烈ですよね。
そちらの白いタイプを拝見するたびにそう思います。
デジカメもこの色が苦手らしく、ときどき色飽和を起こしてしまうほどなんです。
にしても、早く白花を見たいよ~。
  • 2008-11-13 00:50
  • fumiQ
  • URL
  • 編集

[C7705]

かげさんへ
あのことを覚えていてくださったんですね。
ありがとうございます♪^^

この野草園はかなり広い敷地ではありましたが、
管理された花壇のようなゾーンは入り口近くだけで、
残りは自然な状態(つまりそこらの草原や野山のように)にしてありました。
いつも見ている草花がガーデニングのように植えられていて、
植物園に行くこと自体が初めてだった私にはとても新鮮な経験でしたし、
少し戸惑ってしまったのも事実です。^^

キケマンにはいろんな種類があるんですね。
1種類だけだと思っていたので、その数の多さに驚いてしまいました。
ナガミノツルキケマンって知らなかったし…。^^;
お蔭さまで、また1つ知識が増えました。ありがとうございます。
新種のツリフネソウ、期待してますね!
  • 2008-11-13 08:08
  • fumiQ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

Appendix

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

管理人

ふみ

Author:ふみ
□ 熊本在住 
□ 男性 
□ ぼちぼちマイペース 
□ コメントを頂けると嬉しいです

検索はこちら

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。