Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C7694]

どのお花も美しいくて、野草と言うイメージが変わりました。
ヒゴタイの渋い色もステキですし、ノコンギクもヤマハッカも見惚れました。

ヤギ、美食家だったりしそうです(笑)
  • 2008-11-11 15:07
  • g-trm
  • URL
  • 編集

[C7695]

あ、ヒゴダイっていうのか。
あれでしょ、ウニみたいな花w
マムシグサって、花も実も異様で強烈ですよね~。
おふくろはこの仲間を “ヘビバッコ” と呼んで大層嫌ってます、ヘビ嫌いだから。
(そんなわけで彼女は、水芭蕉も嫌いだったりします)
しかし・・・・ヤギとは唐突ですねw

[C7696]

g-trmさんへ
園芸植物はもともとはこういう野草を基に改良されてきたわけですから、
華やかさという点では園芸植物には敵わなくても、
素の美しさでは負けていないですよね。
ただ、ちょっと癖が強いかなって感じることはありますけど…。^^

八木さんの食欲は凄かったです!
辺りの草はどれも短くなって、
見境なく好き嫌いなく食べまくっていましたよ。^^
  • 2008-11-12 07:48
  • fumiQ
  • URL
  • 編集

[C7697]

牛柄さんへ
そうそう、ウニのような毬栗のようなアザミの仲間です。^^
ヒゴって名前から、熊本で見つかった花かなって思っています。
ただ、残念なことに、この野草園とヒゴタイ公園(ここから更に遠い場所)くらいでしか見ることが出来ないらしいですよ。
今後もこういう危惧種が増えていくでしょうね…。

マムシグサを見ていると、何を目指して進化してきたんだろう?って疑問に思うんです。
いまいち、その方向性がつかめないんですよね。
みんなを驚かせて楽しんでいるのかな?^^
  • 2008-11-12 08:01
  • fumiQ
  • URL
  • 編集

[C7698]

おはようございます、山にはすっかり何もなくなって、マムシグサが目立ちました。それと、アザミやキク科の綿毛・・・もう九州も冬に入るのですね。昨日は普賢岳からfumiQさんの熊本、阿蘇を眺めてきました。
fumiQさん、お元気ですか?って聞きたくなるように近くに見えたよ

[C7704]

pandaさんへ
昨日は久しぶりに空気が澄んでいましたよね~。
こちら熊本からも普賢岳の斜面の様子や島原の街並みがはっきりと見えましたよ♪
昨日はちょうど宇土半島の海岸にいたもので、
いつも以上に近くから見ることが出来たんです。^^
pandaさんと同時に見合っていたのかもしれませんね。

月曜日に父が金峰山に登ったのですが、頂上は凍えるような寒さだったそうです。
草花や鳥には興味がない人なので、その辺のことは聞いてません。^^
  • 2008-11-13 00:58
  • fumiQ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

片思いの野草園(2)




大木の紅葉も良いけれど、

こんな小さな紅葉もいいもんですね。

阿蘇の冬は早いから、小さなツル植物も冬の準備を急いでいました。


上の葉っぱほど寒さを感じているんでしょうね。^^





枯れた植物が多い中、青紫色の蕾を見つけました。

これはかなり綺麗な花が咲く予感がします。^^


撮影中は分からなかったけど、

帰って調べてみたら、ハナシノブの蕾に似ているんですよね。

葉っぱもそんな感じ。


いいもの見つけちゃった♪





こちらはヒゴタイ(アザミの仲間)。

瑠璃色の丸い花が咲くはずなんですけど…

もう色が抜けていました。^^;


ハナシノブもヒゴタイも夏の花。

こうやって拝めただけでもラッキーなんでしょうね。





花びらの微妙な開き具合が気になります。

この自信なさげな咲き方はノコンギクかな。


集団でひっそりと咲くその姿。

いかにも日本的に見えません?





マムシグサが真っ赤に色づいていました。

相も変わらず強烈ですね。


春の偽茎も、夏の花も、秋の実もみんな個性的。

初めて見つけたときは驚いたけど、

もう大丈夫です。

でも、近づいてまで見ようとは思わないんですよね…。

どうしたわけか。^^





どこの世界にも抜け駆けするヤツがいるもんです。





この時期、いろんな所でキクの花を見るんだけど、

よく見ると、どれも違う種類なんですよね。

白かったり黄色かったり。

高かったり低かったり。

その種類の多さには驚くばかりです。





この前、金峰山でも見つけた紫色の花に似てますね。

ヤマハッカかな。


この花、うちの近所の空き地や道路際でも、

果ては海岸でも咲いているんですよね。

似てるんだけど、違う花なのかな?





出会いはいつも突然です。

まさか、斜面にヤギがいるとは…。

それも2頭。

ムシャムシャと普通に草を食べていました。


貴重な花を守る番ヤギ?

いや、守る以前に真っ先に食べちゃいそうですね。^^





このエノコログサもいずれはお腹の中に…。


謎は謎のまま、

この続きはまたあした。

コメント

[C7694]

どのお花も美しいくて、野草と言うイメージが変わりました。
ヒゴタイの渋い色もステキですし、ノコンギクもヤマハッカも見惚れました。

ヤギ、美食家だったりしそうです(笑)
  • 2008-11-11 15:07
  • g-trm
  • URL
  • 編集

[C7695]

あ、ヒゴダイっていうのか。
あれでしょ、ウニみたいな花w
マムシグサって、花も実も異様で強烈ですよね~。
おふくろはこの仲間を “ヘビバッコ” と呼んで大層嫌ってます、ヘビ嫌いだから。
(そんなわけで彼女は、水芭蕉も嫌いだったりします)
しかし・・・・ヤギとは唐突ですねw

[C7696]

g-trmさんへ
園芸植物はもともとはこういう野草を基に改良されてきたわけですから、
華やかさという点では園芸植物には敵わなくても、
素の美しさでは負けていないですよね。
ただ、ちょっと癖が強いかなって感じることはありますけど…。^^

八木さんの食欲は凄かったです!
辺りの草はどれも短くなって、
見境なく好き嫌いなく食べまくっていましたよ。^^
  • 2008-11-12 07:48
  • fumiQ
  • URL
  • 編集

[C7697]

牛柄さんへ
そうそう、ウニのような毬栗のようなアザミの仲間です。^^
ヒゴって名前から、熊本で見つかった花かなって思っています。
ただ、残念なことに、この野草園とヒゴタイ公園(ここから更に遠い場所)くらいでしか見ることが出来ないらしいですよ。
今後もこういう危惧種が増えていくでしょうね…。

マムシグサを見ていると、何を目指して進化してきたんだろう?って疑問に思うんです。
いまいち、その方向性がつかめないんですよね。
みんなを驚かせて楽しんでいるのかな?^^
  • 2008-11-12 08:01
  • fumiQ
  • URL
  • 編集

[C7698]

おはようございます、山にはすっかり何もなくなって、マムシグサが目立ちました。それと、アザミやキク科の綿毛・・・もう九州も冬に入るのですね。昨日は普賢岳からfumiQさんの熊本、阿蘇を眺めてきました。
fumiQさん、お元気ですか?って聞きたくなるように近くに見えたよ

[C7704]

pandaさんへ
昨日は久しぶりに空気が澄んでいましたよね~。
こちら熊本からも普賢岳の斜面の様子や島原の街並みがはっきりと見えましたよ♪
昨日はちょうど宇土半島の海岸にいたもので、
いつも以上に近くから見ることが出来たんです。^^
pandaさんと同時に見合っていたのかもしれませんね。

月曜日に父が金峰山に登ったのですが、頂上は凍えるような寒さだったそうです。
草花や鳥には興味がない人なので、その辺のことは聞いてません。^^
  • 2008-11-13 00:58
  • fumiQ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

Appendix

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

管理人

ふみ

Author:ふみ
□ 熊本在住 
□ 男性 
□ ぼちぼちマイペース 
□ コメントを頂けると嬉しいです

検索はこちら

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。