Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C56] 生き残るために

こんばんは!
クチナシの木にくるスズメガはオオスカシバのようですね。
私は、ハチドリのように見えるホウホウジャク(スズメガの仲間)は大好きなのですが、確かに見た目のよくないガもいますね。
でも、働きは一部の蝶と同じで、受粉をしています。カラスウリなどの夜にしか咲かない花には、蛾が蝶の仕事をしているようです。(カラスウリを勉強していて知りました。)
なるほど~って思いました。みんな必要なのですね~。
蝶も鳥の餌ですから、蛾も鳥の餌になっていると思いますし、蛾の幼虫を食べる蜂もいるそうです。
クチナシって庭で栽培していると、ほんとに葉っぱがなくなりますが、いい香りで虫を呼んでいるのでしょう?実を結ぶために虫を呼んで、葉っぱを提供しているのですね。共生でしょうか。
こう考えると、蝶や蛾の幼虫を殺してしまうと、クチナシは絶滅?
いろいろ勉強させていただきました。
  • 2006-10-04 00:26
  • さえちゃん
  • URL
  • 編集

[C57] クチナシよりもスズメガが強いような?

こんばんは。
生き物(人も含めて)を見た目で判断してはいけないのですが、蛾ということでチョウよりも扱いが悪くなってしまいます。でも、あのホバーリングにはホントに感心してしまいます。
例えばランタナの花の蜜を吸う場合、クロセセリとかは葉にしがみついて効率悪く蜜を吸っていきますが、スズメガは小さなランタナの花1つ1つを確実に、しかも飛びながら蜜を吸っていきます。しかも早い早い。
すべての生き物は、いろんな意味で助け合いながら生きていますよね。共生関係もあれば捕食者と被捕食者の関係もあります。その中に人が割り込んで手を加えてしまうと、数的バランスが崩れてしまいます。そのことは重々分かっているんですけど、あれだけかじられるとね…
ただ、何かで読んだんですが、虫が樹木の葉をかじると、樹木にとっては光合成や蒸散ができなくなるので、悪いことのように思えますが、かじられたら新芽を出すので、木にとってはむしろ活性化するそうですよ。

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ashimoto239.blog58.fc2.com/tb.php/82-1aab3664
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まだ、寝てるのかな?

20061003aツマグロヒョウモン

チョウの写真は早朝が撮りやすいですね。じっとしていますから。
でも、あまりにも動きがないため、物足りなさが残ります。
飛び立つときは、羽をゆっくりと広げたり閉じたりを繰り返して、そして飛び立って行きます。
クチナシの葉が不自然に少ないのは、スズメガの幼虫が今年だけで2回も丸裸にしたためなんです。あんな硬い葉を食べておいしいのか分かりませんが、スズメガの幼虫はヨトウムシを凌駕する大食漢なので、気づいた時には木まるごと1本が丸裸状態になっています。
初めてスズメガの幼虫を見たときは、アゲハチョウの幼虫と勘違いしてして、きれいなチョウになるなら食べられても仕方がないって思っていたんですよ。真実(蛾!)を知ったときは、ほんとにショックでしたね。
でもクチナシは、すぐに新芽を出してくれるほど強い生命力を持った樹木なんです。香りに関しては、植物の持つ香りの中で最高ではないでしょうか。私が知る限りにおいてですけど。

《90mmMACRO(172E)》

コメント

[C56] 生き残るために

こんばんは!
クチナシの木にくるスズメガはオオスカシバのようですね。
私は、ハチドリのように見えるホウホウジャク(スズメガの仲間)は大好きなのですが、確かに見た目のよくないガもいますね。
でも、働きは一部の蝶と同じで、受粉をしています。カラスウリなどの夜にしか咲かない花には、蛾が蝶の仕事をしているようです。(カラスウリを勉強していて知りました。)
なるほど~って思いました。みんな必要なのですね~。
蝶も鳥の餌ですから、蛾も鳥の餌になっていると思いますし、蛾の幼虫を食べる蜂もいるそうです。
クチナシって庭で栽培していると、ほんとに葉っぱがなくなりますが、いい香りで虫を呼んでいるのでしょう?実を結ぶために虫を呼んで、葉っぱを提供しているのですね。共生でしょうか。
こう考えると、蝶や蛾の幼虫を殺してしまうと、クチナシは絶滅?
いろいろ勉強させていただきました。
  • 2006-10-04 00:26
  • さえちゃん
  • URL
  • 編集

[C57] クチナシよりもスズメガが強いような?

こんばんは。
生き物(人も含めて)を見た目で判断してはいけないのですが、蛾ということでチョウよりも扱いが悪くなってしまいます。でも、あのホバーリングにはホントに感心してしまいます。
例えばランタナの花の蜜を吸う場合、クロセセリとかは葉にしがみついて効率悪く蜜を吸っていきますが、スズメガは小さなランタナの花1つ1つを確実に、しかも飛びながら蜜を吸っていきます。しかも早い早い。
すべての生き物は、いろんな意味で助け合いながら生きていますよね。共生関係もあれば捕食者と被捕食者の関係もあります。その中に人が割り込んで手を加えてしまうと、数的バランスが崩れてしまいます。そのことは重々分かっているんですけど、あれだけかじられるとね…
ただ、何かで読んだんですが、虫が樹木の葉をかじると、樹木にとっては光合成や蒸散ができなくなるので、悪いことのように思えますが、かじられたら新芽を出すので、木にとってはむしろ活性化するそうですよ。

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ashimoto239.blog58.fc2.com/tb.php/82-1aab3664
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

管理人

ふみ

Author:ふみ
□ 熊本在住 
□ 男性 
□ ぼちぼちマイペース 
□ コメントを頂けると嬉しいです

検索はこちら

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。