Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C6446] こんにちは!

雫がきれいに出来るのですね~
ラグラスは触ったことはありませんが産毛に包まれた葉っぱの感触よく判りますよ
産毛が繊細で密度が濃いのでしょね、だから雫がきれいにできて壊れにくいのでしょうか?
気温とか季節ででき方に違いがあるのでしょうか?

[C6448]

なんて器用な雫の付き方なのでしょう!
綺麗さに目を奪われた後、えっ!?と違う意味でまた目を奪われました。
  • 2008-05-02 17:42
  • g-trm
  • URL
  • 編集

[C6449]

色々な雫ですね~~~~。
大きいのもあるんですねぇぇ。
葉っぱの先のクルンとなってるところも可愛いですね。
ラグラス、花が咲いたところは初めて見ました!
うぅ・・・わたしも欲しくなりました。(笑)

[C6450]

こんばんわ!
雫の魅力、存分に観賞させていただきました!
やっぱり、キラーン!の雫がいいなあ。
高価な宝石よりずっときれい!

[C6451]

たかが雑草のように見えるラグラスの葉を
こんなにも艶っぽく撮るなんて流石~♪
3枚目の写真が好きです。光と影にあるそれぞれの雫。
同じ雫なのに見せる表情が違うのに魅せられてしまいます。
んでも、おっとっと!騙される所だった!!
これは(@-@)ただの葉っぱでしたっけ。。

[C6452]

雫も素敵ですけど、
ラグラスの “うにゅ~ん、くりっ!” っていう葉先が気になります^^;
これ、引いて見たらどんなんだろう?
今の時期の葉っぱ、みーんなこんな感じなんだろか。
猫玩具系の花穂もいいけど、葉だけでも面白そうですね。

[C6454]

金太郎さんへ
数ある植物の中で、このラグラスほど素晴らしい触り心地を持った植物はないと思います。
お店に行けばまだあると思いますので、
ぜひ触ってみてください。
病み付きになると思いますよ。^^

雫が出来る理由はよく分かりませんが、
葉っぱの表面にその理由が隠されているんだと思います。
産毛の向き、細かさ、数…いろいろあるんでしょうね。

[C6455]

g-trmさんへ
このラグラスは鉢で育てていまして、
撮影のために朝日の当たる場所へ抱えて移動したんですよ。
それでも雫が落ちませんでした。
これが他の植物だったら、鼻息で落ちちゃうのに…。(笑)

不思議なもので、揺らしても落ちないときって、
意地でも落としたくなっちゃいますね。

[C6456]

ばななんさんへ
ラグラスはお買い得ですよ~♪
花を見て楽しんで、葉っぱを触って楽しんで、
こぼれ種で来年も楽しめます。
これが宿根草だったら完璧なんですけどね~。^^
花姿は、まるで上品はネコジャラシです。(笑)

まだお店に残っていると思います。
花穂が出ているかもしれませんので急いで~。

[C6457]

hirahiraさんへ
流石はhirahiraさんの奥様。
お目が高い!
一番輝きを放っている雫をお気に召されましたね。
わずか数時間だけの命で、
ダイヤモンドのような永遠の輝きはないけれど、
それに負けるとも劣らない自然いっぱいの輝きを放っていると思います。
限りあることを知っているから、余計に美しく感じることが出来るんでしょうね。

[C6458]

TAMAさんへ
今日のTAMAさんは素直だなぁ~と思ったら、
後半はいつもに戻っちゃったね。^^
うんうん、TAMAさんらしいなぁ~。
(もっと素直になってちょーだい。)

ご存知かな?グラス類って朝日に透かすと綺麗なんだよ~。
これがイネ科・カヤツリグサ科の葉っぱなの?って感心しちゃうから。
ぜひやってみてね。

[C6459]

牛柄さんへ
ラグラスって、ハッキリ言ってエノコログサそっくりな植物なんですが、
花穂が伸びる前って、ぎゅっと詰まった普通のエノコロそのものです。(笑)
ただ、葉先がくるんとなっているだけ。
引いて撮ったら「な~んだ」って声が聞こえてくるかもしれません。^^;
ラグラスの葉っぱは、葉先だけを楽しんだ方が吉でしょうね。
(要するに見たらガッカリってこと。)

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ashimoto239.blog58.fc2.com/tb.php/676-d085d901
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

煌めく星のように。




無数の産毛に包まれた"ラグラス"の葉っぱ。

最高の触り心地とともに、

多くの雫を見ることが出来ます。


〔 ラグラスってこんな感じ 〕





柔らかい葉っぱの先に、器用にくっ付いています。

不思議なことに、ちょっとやそっとの揺れでは落ちないんですよね~。


さて、他にはどんなのがあるのかな?





小さな粒がありえない角度でくっ付いていたり…





キラーン♪と光芒を放っていたり…





"雫"と一言で言い表したとしても、

大きいものから小さいものまで、

そのすべてに個性があるんですよね。


これが"雫”の魅力なのかな?


コメント

[C6446] こんにちは!

雫がきれいに出来るのですね~
ラグラスは触ったことはありませんが産毛に包まれた葉っぱの感触よく判りますよ
産毛が繊細で密度が濃いのでしょね、だから雫がきれいにできて壊れにくいのでしょうか?
気温とか季節ででき方に違いがあるのでしょうか?

[C6448]

なんて器用な雫の付き方なのでしょう!
綺麗さに目を奪われた後、えっ!?と違う意味でまた目を奪われました。
  • 2008-05-02 17:42
  • g-trm
  • URL
  • 編集

[C6449]

色々な雫ですね~~~~。
大きいのもあるんですねぇぇ。
葉っぱの先のクルンとなってるところも可愛いですね。
ラグラス、花が咲いたところは初めて見ました!
うぅ・・・わたしも欲しくなりました。(笑)

[C6450]

こんばんわ!
雫の魅力、存分に観賞させていただきました!
やっぱり、キラーン!の雫がいいなあ。
高価な宝石よりずっときれい!

[C6451]

たかが雑草のように見えるラグラスの葉を
こんなにも艶っぽく撮るなんて流石~♪
3枚目の写真が好きです。光と影にあるそれぞれの雫。
同じ雫なのに見せる表情が違うのに魅せられてしまいます。
んでも、おっとっと!騙される所だった!!
これは(@-@)ただの葉っぱでしたっけ。。

[C6452]

雫も素敵ですけど、
ラグラスの “うにゅ~ん、くりっ!” っていう葉先が気になります^^;
これ、引いて見たらどんなんだろう?
今の時期の葉っぱ、みーんなこんな感じなんだろか。
猫玩具系の花穂もいいけど、葉だけでも面白そうですね。

[C6454]

金太郎さんへ
数ある植物の中で、このラグラスほど素晴らしい触り心地を持った植物はないと思います。
お店に行けばまだあると思いますので、
ぜひ触ってみてください。
病み付きになると思いますよ。^^

雫が出来る理由はよく分かりませんが、
葉っぱの表面にその理由が隠されているんだと思います。
産毛の向き、細かさ、数…いろいろあるんでしょうね。

[C6455]

g-trmさんへ
このラグラスは鉢で育てていまして、
撮影のために朝日の当たる場所へ抱えて移動したんですよ。
それでも雫が落ちませんでした。
これが他の植物だったら、鼻息で落ちちゃうのに…。(笑)

不思議なもので、揺らしても落ちないときって、
意地でも落としたくなっちゃいますね。

[C6456]

ばななんさんへ
ラグラスはお買い得ですよ~♪
花を見て楽しんで、葉っぱを触って楽しんで、
こぼれ種で来年も楽しめます。
これが宿根草だったら完璧なんですけどね~。^^
花姿は、まるで上品はネコジャラシです。(笑)

まだお店に残っていると思います。
花穂が出ているかもしれませんので急いで~。

[C6457]

hirahiraさんへ
流石はhirahiraさんの奥様。
お目が高い!
一番輝きを放っている雫をお気に召されましたね。
わずか数時間だけの命で、
ダイヤモンドのような永遠の輝きはないけれど、
それに負けるとも劣らない自然いっぱいの輝きを放っていると思います。
限りあることを知っているから、余計に美しく感じることが出来るんでしょうね。

[C6458]

TAMAさんへ
今日のTAMAさんは素直だなぁ~と思ったら、
後半はいつもに戻っちゃったね。^^
うんうん、TAMAさんらしいなぁ~。
(もっと素直になってちょーだい。)

ご存知かな?グラス類って朝日に透かすと綺麗なんだよ~。
これがイネ科・カヤツリグサ科の葉っぱなの?って感心しちゃうから。
ぜひやってみてね。

[C6459]

牛柄さんへ
ラグラスって、ハッキリ言ってエノコログサそっくりな植物なんですが、
花穂が伸びる前って、ぎゅっと詰まった普通のエノコロそのものです。(笑)
ただ、葉先がくるんとなっているだけ。
引いて撮ったら「な~んだ」って声が聞こえてくるかもしれません。^^;
ラグラスの葉っぱは、葉先だけを楽しんだ方が吉でしょうね。
(要するに見たらガッカリってこと。)

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ashimoto239.blog58.fc2.com/tb.php/676-d085d901
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

管理人

ふみ

Author:ふみ
□ 熊本在住 
□ 男性 
□ ぼちぼちマイペース 
□ コメントを頂けると嬉しいです

検索はこちら

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。