Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C6277]

根本にも青い物が見えてますが、それも蕾ですか?
小さい背丈の花って、地面から出たばっかりだと思えるくらいに小さい頃から
蕾だったりするのでしょうか。
セミの幼虫もちょっと災難でしたね。
でも怪我する事無く良かったです。

[C6281]

球根もあわないところだと育たないですよね。
気のせいなのかもしれませんが、なんだかさびしげな感じですね。
アブラかな?セミの幼虫、つぶれなくてよかったですね~
いきなり地上に出てきてびっくりでしょう。
羽化するまでにはあと数年かかりそうですね。
アロエの根にくっつけとくと早く育つそうですよ。

[C6282]

こんにちは(o^∇^o)ノ
10株のうちのひとつしか残らなかったのに毎年咲いてくれるなんて
よっぽど他の株より生命力強かったんでしょうね^^
とても可憐です。
また来年も咲いてくれますように^人^

軍手にぶら下がった蝉の幼虫が”あ~れ~”と言ってるように見えます^m^

[C6283]

シラーシベリカって、とっても綺麗なブルーですね~。
後ろ姿も線が入っていて、魅力的♪(~ー~。)
1つだと寂しいから、増えるといいですね~。

セミの幼虫、初めて見ました~!
土の下で成虫になるのを待ってるんですねーーー。
ちょっと早い世界にコンニチハ♪でしたね。(笑)

[C6284] こんにちは!

土に汚れた軍手、蝉の幼虫も驚きですが、私には、この軍手をはめて「つるはし」をもって格闘しているfumiQさんに驚いていますよ
知り合いにの病弱だった奥さんがマイホーム買って、ガーデニング始めたら、どんどん元気になって、何を食べても美味しくて・・といっていました
庭づくりも半端ではないんですね!!

[C6285]

こんにちは!
シラーってあの青い花が手毬のように集まって咲く花の仲間ですか。
小さくてかわいくておしゃれな花ですね。
葉っぱに斑点が見えるのは病気なんでしょうか?
元気に育って来年も咲いて欲しいですね。
セミの幼虫あと何年で羽化するか、目印をつけて観察してください。

[C6286]

この青い花、まるで色の違うカタクリのようですね。
こんな、ちょっと淋しげな様子も雰囲気あっていいけど、hirahiraさんの言うように手毬のように咲くのが本来なのかな?
それにしてもfumiQさん、スゴイもの見付けちゃいましたねw
セミの幼虫、それも幼虫真っ盛りな幼虫(くどいw)を、こんなトコでお見受けするなんて!
すんごい確率ですよね、セミっ子もびっくりしただろうなぁ^^

[C6287]

taka_imagingさんへ
はい。根元の青は2番花です。
現在開いている1番花が終わった後、
この2番花のついた花茎が伸びるんですよ。
このシラーをはじめたとした球根植物は、種子植物と比べて葉の出ている時期が短いです。
そのためか、葉と同時に花を準備する品種が多いように感じます。
与えられた時間を最大限生かしているんでしょうね。

[C6288]

かげさんへ
寂しそうに見えました?
え~と、そう言われると心苦しいですぅ。^^
このシラー君、1株だけで仲間はいませんが、
他の花がいっぱい囲んでいますから寂しくはないと思いますよ。
それよりも、生存競争(日照争い)で毎日大変かと…。

やっぱり、セミも幼虫を見れば種類が分かるのでしょうか?
私に分かったことは、「まだ背中が割れていないなぁ~」くらいでした。
それと、いつも見る"セミの抜け殻"が動くことに感動~♪くらいかな。(笑)

[C6289]

tomaさんへ
このシラー、植え付けた翌年には1株だけになっていたんです。
奇跡的に生き残った1株とも言えるかな。
(私の育て方が下手だとも…。^^;)
ここ数年、ずーっと独りぼっちです。
来年は2株に増えていると良いんだけどなぁ~。
そして数年後にはシラーの群生~♪
想像するだけで、ニヤついてしまいそうです。

セミ君、本当に焦ってましたよ。^^

[C6290]

ばななんさんへ
植え付けたとき、ラベルに品種名を書いておいたはずなんですけど、
いつの間にか行方不明になっちゃいました。
綺麗な青い花なので、つい最近までチオノドクサだと思っていたんですよ。
やけにシベが太いチオノドクサだなぁ~って。(笑)

セミの幼虫、私も初めてで驚きました。
まさか、わが家で会えるとは!
しかも、意外と浅い場所にいたとは!^^

[C6291]

金太郎さんへ
ドクダミ相手に移植ごてやスコップでは戦えませ~ん。
相手に合わせて、強力な武器が必要です。
ツルハシで一気に掘り返し、
掘った土砂をふるいにかけて根を取り除いていきます。
1cmの長さでも残したらアウトなんです。
1ヵ月程度で、その1cmが何十倍にも伸びて広がります。(恐)

理想はもっと平和的で楽なガーデニングです。
あぁ、現実は厳しすぎる…。^^

[C6292]

hirahiraさんへ
葉っぱの斑点、よく気づかれましたね。
じつは、球根から葉が出始めたころに、
豪雨によって球根が掘り返されてしまったんですよ。
私が気づいたときには、地表にむき出しでコテッと倒れていました。
そのときについた傷だと思います。

シラーの仲間には豪勢な感じの品種もあるみたいですね。
でも、私的にはシビリカが1番可愛いと思ってま~す。^^

[C6293]

牛柄さんへ
シラーの花には、釣鐘タイプと星状タイプの2種類があるそうです。
株の大きさでは、シビリカ、ビフォリア、ヒスパニカ、ペルビアナ(手毬系)と4種類あるそうですよ。
けっこういろんな種類があるんですね~。

セミの幼虫って、"抜け殻"で実在していたことを確認するくらいで、
これまでは想像上の生き物でしたよね~。(笑)
ここだけの話、前足はカマキリの鎌のような作りで、挟む力は強かったです。
軍手をはめていなかったら… 流血騒ぎになっていたかと。

[C6296]

シラー、写真を一目見てチオノドクサ~☆と思ってしまいました。
チオノドクサ病?!を発症しているかも(笑)
青いお花ってスポットライトで照らされているみたいに輝いている様な気がします。

セミの幼虫さん、さぞビックリした事でしょう!
成虫になったらぜひともモデルで登場して欲しいです^^

グラスだと思ったらホトケノザでしたかv-356
穴掘りたいです(爆)
  • 2008-04-18 16:50
  • g-trm
  • URL
  • 編集

[C6300]

g-trmさんへ
ご安心ください。
私なんて、この記事を書いている途中までチオノドクサだと思っていたんですから。^^
オシベが変だなぁ~と思い、調べてみてようやく気づきました。
いやぁ~気づいて良かったです。(笑)

真っ暗な土の中から突然引っ張り出されたセミさんですが、
土の中では横向きに寝ていたんですよ。
閉所・暗所恐怖症では務まりませんね。^^;

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ashimoto239.blog58.fc2.com/tb.php/660-c602d41a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

独りぼっちの青い花。




毎年、たった1株だけ出てきて咲く花があります。


名前は、(たぶん)シラー・シベリカ。

葉っぱの長さは5cmくらい。

植えたときからずーっとこの長さです。


1年のうち、ほんの少しの間だけ青い花を咲かせます。





後ろ姿はこんな感じ。

花びらには青いラインが1本通ります。


昔は10株ほどあったけど、

知らないうちに、この株1つになってしまいました。

青い花って弱いのかな?

チオノドクサ(青)も葉を出すことなく全滅したし…。


爽やかな青が1つあるだけで、花壇の雰囲気は大きく変わります。

この子には頑張って増えて欲しいな。^^





土曜日のことです。

ドクダミの根っこを掘り上げていたら、不思議な生き物を見つけました。

なんと!セミの幼虫です。


このとき、ツルハシでガンガン掘っていたんですよ。

いやぁ~真っ二つにならなくて良かったぁ~。^^


この子、何歳なんでしょう?

大きさからいって、大人になるまであと数年かかりそうだけど、

羽化する前に地上の様子を見た子も珍しいだろうなぁ。

(本人は迷惑だったでしょうけど。^^;)


無事に育つことを祈りつつ、そっと木の根元に埋めておきました。

コメント

[C6277]

根本にも青い物が見えてますが、それも蕾ですか?
小さい背丈の花って、地面から出たばっかりだと思えるくらいに小さい頃から
蕾だったりするのでしょうか。
セミの幼虫もちょっと災難でしたね。
でも怪我する事無く良かったです。

[C6281]

球根もあわないところだと育たないですよね。
気のせいなのかもしれませんが、なんだかさびしげな感じですね。
アブラかな?セミの幼虫、つぶれなくてよかったですね~
いきなり地上に出てきてびっくりでしょう。
羽化するまでにはあと数年かかりそうですね。
アロエの根にくっつけとくと早く育つそうですよ。

[C6282]

こんにちは(o^∇^o)ノ
10株のうちのひとつしか残らなかったのに毎年咲いてくれるなんて
よっぽど他の株より生命力強かったんでしょうね^^
とても可憐です。
また来年も咲いてくれますように^人^

軍手にぶら下がった蝉の幼虫が”あ~れ~”と言ってるように見えます^m^

[C6283]

シラーシベリカって、とっても綺麗なブルーですね~。
後ろ姿も線が入っていて、魅力的♪(~ー~。)
1つだと寂しいから、増えるといいですね~。

セミの幼虫、初めて見ました~!
土の下で成虫になるのを待ってるんですねーーー。
ちょっと早い世界にコンニチハ♪でしたね。(笑)

[C6284] こんにちは!

土に汚れた軍手、蝉の幼虫も驚きですが、私には、この軍手をはめて「つるはし」をもって格闘しているfumiQさんに驚いていますよ
知り合いにの病弱だった奥さんがマイホーム買って、ガーデニング始めたら、どんどん元気になって、何を食べても美味しくて・・といっていました
庭づくりも半端ではないんですね!!

[C6285]

こんにちは!
シラーってあの青い花が手毬のように集まって咲く花の仲間ですか。
小さくてかわいくておしゃれな花ですね。
葉っぱに斑点が見えるのは病気なんでしょうか?
元気に育って来年も咲いて欲しいですね。
セミの幼虫あと何年で羽化するか、目印をつけて観察してください。

[C6286]

この青い花、まるで色の違うカタクリのようですね。
こんな、ちょっと淋しげな様子も雰囲気あっていいけど、hirahiraさんの言うように手毬のように咲くのが本来なのかな?
それにしてもfumiQさん、スゴイもの見付けちゃいましたねw
セミの幼虫、それも幼虫真っ盛りな幼虫(くどいw)を、こんなトコでお見受けするなんて!
すんごい確率ですよね、セミっ子もびっくりしただろうなぁ^^

[C6287]

taka_imagingさんへ
はい。根元の青は2番花です。
現在開いている1番花が終わった後、
この2番花のついた花茎が伸びるんですよ。
このシラーをはじめたとした球根植物は、種子植物と比べて葉の出ている時期が短いです。
そのためか、葉と同時に花を準備する品種が多いように感じます。
与えられた時間を最大限生かしているんでしょうね。

[C6288]

かげさんへ
寂しそうに見えました?
え~と、そう言われると心苦しいですぅ。^^
このシラー君、1株だけで仲間はいませんが、
他の花がいっぱい囲んでいますから寂しくはないと思いますよ。
それよりも、生存競争(日照争い)で毎日大変かと…。

やっぱり、セミも幼虫を見れば種類が分かるのでしょうか?
私に分かったことは、「まだ背中が割れていないなぁ~」くらいでした。
それと、いつも見る"セミの抜け殻"が動くことに感動~♪くらいかな。(笑)

[C6289]

tomaさんへ
このシラー、植え付けた翌年には1株だけになっていたんです。
奇跡的に生き残った1株とも言えるかな。
(私の育て方が下手だとも…。^^;)
ここ数年、ずーっと独りぼっちです。
来年は2株に増えていると良いんだけどなぁ~。
そして数年後にはシラーの群生~♪
想像するだけで、ニヤついてしまいそうです。

セミ君、本当に焦ってましたよ。^^

[C6290]

ばななんさんへ
植え付けたとき、ラベルに品種名を書いておいたはずなんですけど、
いつの間にか行方不明になっちゃいました。
綺麗な青い花なので、つい最近までチオノドクサだと思っていたんですよ。
やけにシベが太いチオノドクサだなぁ~って。(笑)

セミの幼虫、私も初めてで驚きました。
まさか、わが家で会えるとは!
しかも、意外と浅い場所にいたとは!^^

[C6291]

金太郎さんへ
ドクダミ相手に移植ごてやスコップでは戦えませ~ん。
相手に合わせて、強力な武器が必要です。
ツルハシで一気に掘り返し、
掘った土砂をふるいにかけて根を取り除いていきます。
1cmの長さでも残したらアウトなんです。
1ヵ月程度で、その1cmが何十倍にも伸びて広がります。(恐)

理想はもっと平和的で楽なガーデニングです。
あぁ、現実は厳しすぎる…。^^

[C6292]

hirahiraさんへ
葉っぱの斑点、よく気づかれましたね。
じつは、球根から葉が出始めたころに、
豪雨によって球根が掘り返されてしまったんですよ。
私が気づいたときには、地表にむき出しでコテッと倒れていました。
そのときについた傷だと思います。

シラーの仲間には豪勢な感じの品種もあるみたいですね。
でも、私的にはシビリカが1番可愛いと思ってま~す。^^

[C6293]

牛柄さんへ
シラーの花には、釣鐘タイプと星状タイプの2種類があるそうです。
株の大きさでは、シビリカ、ビフォリア、ヒスパニカ、ペルビアナ(手毬系)と4種類あるそうですよ。
けっこういろんな種類があるんですね~。

セミの幼虫って、"抜け殻"で実在していたことを確認するくらいで、
これまでは想像上の生き物でしたよね~。(笑)
ここだけの話、前足はカマキリの鎌のような作りで、挟む力は強かったです。
軍手をはめていなかったら… 流血騒ぎになっていたかと。

[C6296]

シラー、写真を一目見てチオノドクサ~☆と思ってしまいました。
チオノドクサ病?!を発症しているかも(笑)
青いお花ってスポットライトで照らされているみたいに輝いている様な気がします。

セミの幼虫さん、さぞビックリした事でしょう!
成虫になったらぜひともモデルで登場して欲しいです^^

グラスだと思ったらホトケノザでしたかv-356
穴掘りたいです(爆)
  • 2008-04-18 16:50
  • g-trm
  • URL
  • 編集

[C6300]

g-trmさんへ
ご安心ください。
私なんて、この記事を書いている途中までチオノドクサだと思っていたんですから。^^
オシベが変だなぁ~と思い、調べてみてようやく気づきました。
いやぁ~気づいて良かったです。(笑)

真っ暗な土の中から突然引っ張り出されたセミさんですが、
土の中では横向きに寝ていたんですよ。
閉所・暗所恐怖症では務まりませんね。^^;

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ashimoto239.blog58.fc2.com/tb.php/660-c602d41a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

管理人

ふみ

Author:ふみ
□ 熊本在住 
□ 男性 
□ ぼちぼちマイペース 
□ コメントを頂けると嬉しいです

検索はこちら

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。