Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C4410]

思わずギョッと後退りしたくなるような怖い視線です!
アシナガさん、かなり知的な方達なんですね。
それなのに巣が壊れていくのは防ぎようも無い事なのではないのですか?
大事に見守られたfumiQさんの所だからこそ ここまで持ち堪えたのではないでしょうか?

[C4411]

このあとどうなって行くのか謎ですね~ 生態を詳しく知らないので。。
それにしても凄いね、同じものがいっぱいお団子です!
そういえばハチってどうやって冬を越すのでしょう。越せないの?
1匹ずつ交代、面白い話しでした。
fumiQさんの御陰です。

[C4413]

懐かしい姿ですね、どうなっただろうと気にかけていました。
(今年はハチの姿が少なくて、たまに見かけると「元気か」と声をかけたくなります)
それにしても立派な研究成果ですね。
細かい観察力による詳細なレポート、餌の確保をめぐる共同体の生態と行動様式なんて、目からウロコです。
落ちた巣はいわば保育園ですから、時期的には用無しでかまわないのだと思われます。
このあと群れは越冬のための場所に移るのでしょうか、どこに行くのか・・・要経過観察ですね。
  • 2007-10-26 23:10
  • 牛柄
  • URL
  • 編集

[C4414]

g-trmさんへ
じつは、わが家には毎年アシナガさんの巣が1つ出来るんですよ。
昨年までは小さい巣だったので見て見ぬふりをしていました。^^
(怖かったこともあります)
その巣は1年ごとに使い捨てなんですが、
放置しても壊れることのないくらい丈夫な巣なんです。
なのに、今年は数ヶ月しか持ちませんでした。
賢いアシナガさんのことですから、何か深い事情があったんでしょうね。
これからも温かく見守っていこうと思います。
  • 2007-10-27 00:46
  • fumiQ
  • URL
  • 編集

[C4415]

florさんへ
集団でいるときって、かならず誰かが踏まれています。^^
まぁ、踏まれても軽そうだから痛くはないんでしょうね。
ただ、暑苦しいかもしれません。(笑)
この先、冬はどうするんでしょう?
例年通りなら、冬が来る前に巣を放棄して居なくなるはずです。
冬を越せないのか、暖かい所へ移動するのかは分りません。
出来ればこのまま越冬して欲しいですね。
  • 2007-10-27 00:50
  • fumiQ
  • URL
  • 編集

[C4416]

牛柄さんへ
そっかー、アシナガバチの巣は子育てだけのための物だから、
無くなっても、平気なわけですね!
な~んだ、そうだったのか。(←ホッとしましたv-398
保育園って上手い喩えですね!
じつは、もう1つ書き忘れたことがありまして…今気づきました。
夏に何度か目撃した光景なんです。
夕方ごろになると、一斉に子育て担当の蜂が巣の穴を一穴一穴覗きこむんですよ。
長時間ではなく、一穴につき数秒間です。
触角を使って幼虫に触れているようでした。
私には「夜だから早く寝なさ~い」と言っているように思えました。^^
  • 2007-10-27 01:00
  • fumiQ
  • URL
  • 編集

[C4446]

どうしたんでしょう。
怖いと思ってたアシナガバチが急に気の毒に見えてきました。
女王蜂が死んだの?
子育てが終わると巣を崩壊するのは自然なのかな…
fumiQさんのせいじゃないと思うけど、、

ここは暮らしやすい場所なのに… ちょっとさびしいです。
  • 2007-10-30 19:35
  • あまぞんりりー
  • URL
  • 編集

[C4458]

あまぞんりりーさんへ
女王蜂の姿を知らないのでよく分らないのですが、
見ていて、今ひとつ統率がとれていない様に思えるんです。
それで、女王蜂がいないのかな?って。
昨日も巣を覗いてみましたが、みんなで固まってじーっとしているだけでした。
息を吹きかけたら、一応手足は動かせるようでしたが、
反応はそれだけ…。
(↑恐ろしいことをしたもんだ。^^;)
気が抜けたようなアシナガさん達でした。
  • 2007-10-31 13:50
  • fumiQ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ashimoto239.blog58.fc2.com/tb.php/487-3f205929
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アシナガさんの秋。




「オイ、オマエナニミテンダヨ!」

巣の上の枝からこちらを見据える者がいました。

そんなに怖い顔しないでよ。^^


ずーっと私のことを見張って、巣を守っていましたよ。


(この写真は8月31日に撮影したものです。)



アシナガさん達を観察したのは今年が初めて。

怖いイメージがあるだけで、ホントに知らないことだらけです。

(研究者以外で観察する人も珍しいでしょうね。^^)


彼らを観察していくうちに、多くのことが分ってきました。

食料が豊富な場所のためか、狩りに出るのは1匹だけです。

その1匹は、バラやベニカナメの葉の裏を1枚1枚丹念に調べ、食料となる芋虫を探していきます。

見つけたら、その場で肉団子を作って巣に持って帰ります。

(緑色の肉団子ですよぉ 想像しないでね。^^)


食料の配給光景は見たことありませんが、

巣に帰ってきた蜂には、多くの仲間が集ってきます。

触角を接触させて、何やら情報の伝達をしているみたいです。

そして、直後に別の1匹が狩りに出かけます。


みんな仲が良く、協力的で、知的。しかも大人しい。

怖いイメージなんて吹き飛んでしまうくらいです。


毎日巣を覗き込んでいますが、威嚇されたことなんて1度もありません。





あれから1ヵ月(9月30日)。

あれ!?巣が長~く伸びてきたんですけど・・・。

増築かな?


ん!? 巣に穴が開いているような?


何だか、いや~な感じがしますねぇ。





1週間後の10月7日。

巣の大部分が崩壊しつつあります。

アシナガさんたちの居場所がなくなり、枝に寝泊りする者も出てきました。


どうやら、巣を修復出来る者がいないみたいです。

それと、子育ては終わっているようですね。


この急な荒れよう・・・
 
もしかして、女王蜂がいないのかな?





10月16日。

巣が完全に崩壊し、落ちていきました。

・・・

心なしか、アシナガさんの数も減ってますね。

体力温存のためでしょうか、1日中ずーっとこの固まった状態のままです。


彼らは、この先どうなるんでしょう?

たやすく想像出来てしまうのが怖いです。


思い返せば、強風のために巣の付いている植木鉢が3度もぶっ倒れ、

しかも、強風のたびに巣はグルグル回転し、夏には直射日光が当たっていました。

壊れるべくして壊れたのかもしれません。 


・・・もしかしてあんな所に鉢を置いた私のせいなのかな?

コメント

[C4410]

思わずギョッと後退りしたくなるような怖い視線です!
アシナガさん、かなり知的な方達なんですね。
それなのに巣が壊れていくのは防ぎようも無い事なのではないのですか?
大事に見守られたfumiQさんの所だからこそ ここまで持ち堪えたのではないでしょうか?

[C4411]

このあとどうなって行くのか謎ですね~ 生態を詳しく知らないので。。
それにしても凄いね、同じものがいっぱいお団子です!
そういえばハチってどうやって冬を越すのでしょう。越せないの?
1匹ずつ交代、面白い話しでした。
fumiQさんの御陰です。

[C4413]

懐かしい姿ですね、どうなっただろうと気にかけていました。
(今年はハチの姿が少なくて、たまに見かけると「元気か」と声をかけたくなります)
それにしても立派な研究成果ですね。
細かい観察力による詳細なレポート、餌の確保をめぐる共同体の生態と行動様式なんて、目からウロコです。
落ちた巣はいわば保育園ですから、時期的には用無しでかまわないのだと思われます。
このあと群れは越冬のための場所に移るのでしょうか、どこに行くのか・・・要経過観察ですね。
  • 2007-10-26 23:10
  • 牛柄
  • URL
  • 編集

[C4414]

g-trmさんへ
じつは、わが家には毎年アシナガさんの巣が1つ出来るんですよ。
昨年までは小さい巣だったので見て見ぬふりをしていました。^^
(怖かったこともあります)
その巣は1年ごとに使い捨てなんですが、
放置しても壊れることのないくらい丈夫な巣なんです。
なのに、今年は数ヶ月しか持ちませんでした。
賢いアシナガさんのことですから、何か深い事情があったんでしょうね。
これからも温かく見守っていこうと思います。
  • 2007-10-27 00:46
  • fumiQ
  • URL
  • 編集

[C4415]

florさんへ
集団でいるときって、かならず誰かが踏まれています。^^
まぁ、踏まれても軽そうだから痛くはないんでしょうね。
ただ、暑苦しいかもしれません。(笑)
この先、冬はどうするんでしょう?
例年通りなら、冬が来る前に巣を放棄して居なくなるはずです。
冬を越せないのか、暖かい所へ移動するのかは分りません。
出来ればこのまま越冬して欲しいですね。
  • 2007-10-27 00:50
  • fumiQ
  • URL
  • 編集

[C4416]

牛柄さんへ
そっかー、アシナガバチの巣は子育てだけのための物だから、
無くなっても、平気なわけですね!
な~んだ、そうだったのか。(←ホッとしましたv-398
保育園って上手い喩えですね!
じつは、もう1つ書き忘れたことがありまして…今気づきました。
夏に何度か目撃した光景なんです。
夕方ごろになると、一斉に子育て担当の蜂が巣の穴を一穴一穴覗きこむんですよ。
長時間ではなく、一穴につき数秒間です。
触角を使って幼虫に触れているようでした。
私には「夜だから早く寝なさ~い」と言っているように思えました。^^
  • 2007-10-27 01:00
  • fumiQ
  • URL
  • 編集

[C4446]

どうしたんでしょう。
怖いと思ってたアシナガバチが急に気の毒に見えてきました。
女王蜂が死んだの?
子育てが終わると巣を崩壊するのは自然なのかな…
fumiQさんのせいじゃないと思うけど、、

ここは暮らしやすい場所なのに… ちょっとさびしいです。
  • 2007-10-30 19:35
  • あまぞんりりー
  • URL
  • 編集

[C4458]

あまぞんりりーさんへ
女王蜂の姿を知らないのでよく分らないのですが、
見ていて、今ひとつ統率がとれていない様に思えるんです。
それで、女王蜂がいないのかな?って。
昨日も巣を覗いてみましたが、みんなで固まってじーっとしているだけでした。
息を吹きかけたら、一応手足は動かせるようでしたが、
反応はそれだけ…。
(↑恐ろしいことをしたもんだ。^^;)
気が抜けたようなアシナガさん達でした。
  • 2007-10-31 13:50
  • fumiQ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ashimoto239.blog58.fc2.com/tb.php/487-3f205929
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

管理人

ふみ

Author:ふみ
□ 熊本在住 
□ 男性 
□ ぼちぼちマイペース 
□ コメントを頂けると嬉しいです

検索はこちら

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。