Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C4268]

これ、キクの仲間ですよね。
この季節、白や黄色や薄紫のこんな花を良くみかけます。
傷んだ花が多いとがっかりですよね。
綺麗な花の隣に傷んだ花や枯れた花。
ちょっとじゃまだから取り除きたいけれどもそれも自然だし。
でもたまに演出しちゃう事もありますけどね。

いつかのあの花、私好みの花です。
ありがとうございました。

[C4270]

野の花はどこか健気に見えてしまいます。
先入観のせいでしょうか?
青い花も黄色い花も太陽に向かって精一杯向き合っている様な姿に心惹かれます。
最後の写真、光が当たって葉と虫さんが輝いてますね。

[C4272]

キク科の野の花は、なんとも見分けがつきませんよね。
紫に白、花びらが長いの少ないの、綿毛になるの種になるの、と。
同じ種類の花であっても、咲く場所で微妙に姿が変わってたり。
分かるのは、それぞれが適応して咲いていること。
そこが、野の花に共通する“美しさ”でもあるのでしょう。
名前が分からなくても、彼らは黙って花を咲かせる。
そんな健気な姿に、見るものは癒しを見つけるのかもしれませんね。
  • 2007-10-15 22:05
  • 牛柄
  • URL
  • 編集

[C4273]

キク科は難しいんですよね、分類も撮影も。
自分は見分けの苦手な科の1つです。
ヨメナの仲間は形態の違いのほかに、交雑や倍体があるから難しいですね。
名前がわからなくてもきれいなことには変わりないですよ。

[C4274]

taka_imagingさんへ。
野山で花を見つけファインダーを覗いたら…
あれっ?こんなに痛んでたの?ってことがよくありますよね~。
変な虫が居座っていたり、枯れ枝や隣の葉っぱが邪魔をしたりと、
いろいろな困難が待ち構えていますが、
私もtakaさんと同じく、手を加えることなく、
自然のままに撮ることを心がけています。
写真って、自然を傷つけてまで撮るものではないし、
そうあってはいけないものですよね。
時々、隣の葉っぱに軽く曲がってもらうことはありますが。(笑)

[C4275]

g-trmさんへ。
そうですね。野の花は健気に生きていると思います。
誰の助けも借りることなく、自分の力だけで一生懸命生きてます。
うちの鉢花たちにもその姿を見せてやりたいですよ。
"お前達も野の花を見習って1人立ちしなさい"って。^^
野の花って、園芸植物が改良の果てに失った優しい色をしていますよね~。

[C4276]

牛柄さんへ。
キク科植物の識別は困難ですよね。
ずいぶん図鑑と睨めっこをしてきましたが、
どれも微妙に違うんですよ。
もしかして全部新種なのか!?と思いたいくらいです。
新種だったら、名前をつけるんだけどなぁ~。(笑)

山や草原って、行く度に異なる花が咲いていて我々の目を楽しませてくれますが、
綺麗な花の水面下では、厳しい生存競争が繰り広げられているんでしょうね。
その中で、毎年変わらず同じ花を咲かせてくれるその逞しさには感服します。

[C4277]

かげさんへ。
かげさんにも見分けるのが難しい植物があるんですね。
そう言ってもらえると気が楽になる思いです。
(もともと気楽ではあるんですけど。^^;)
キク科ってホントに数が多いですよね~。
植物界の中で繁栄している種類なのかもしれませんね。
常々思っているんですが、植物たちには名札をつけてもらいたいです。(笑)

[C4278]

皆さん仰る様にキク科は難しいですねぇ。以前もすっごい悩んだのがトラウマ! でもこの紫のお花も愛らしいですね。コマツナギも可愛いですよね。 確かに名前を知ってるものに出会うとほっとしますね。

[C4304]

結構難しい花を撮ってきますね。(笑)

ウス紫の花は、ノコンギクではないのですか。

黄色いのはオグルマではない?

葉っぱが見えないのでなんとも。

  • 2007-10-17 23:33
  • さえちゃん
  • URL
  • 編集

[C4305]

florさんへ。
ごめんなさ~い。遅くなりました。
植物の同定は難しいですね~。
蝶なら、素晴らしいネット図鑑があるから調べることが出来るけど、
植物はとにかく難しいです。v-409
「み~んなキクの仲間」ということでOKにしようかなぁ~。(笑)
  • 2007-10-18 01:18
  • fumiQ
  • URL
  • 編集

[C4319]

さえちゃんへ
1、2枚目はやっぱり"ノコンギク"ですか?
ヨメナでないならノコンギクしかないなぁ~とは思いましたが、
決め手が無く判りませんでした。
3枚目の黄色い花ですが、オグルマも考えましたが、
微妙に違うんです。
まぁ、全国どこでも一緒の花が咲くわけないし、
地域によって微妙に分化しているんでしょうけど…
う~ん、まだまだ判らないことが多いです。^^
ノコンギク、ありがとうございました。
  • 2007-10-19 00:58
  • fumiQ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ashimoto239.blog58.fc2.com/tb.php/476-2fde4c83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

次会う日までに。


昨日の続きです。

車上からは徒の草むらに見えても、実際に歩いてみると草花の多さに驚かされます。

そして…

自分の拙い知識に悲しくなります。


でもでも、名前は判らなくたって花を楽しむことは出来ます。(←開き直り)

花屋の花とは違う"野の花"の雰囲気を楽しんでくださいませ。




この散策の中で1番目だっていた花です。

ブルーデージーにそっくりですよね~。^^





上の花を離れて撮ってみました。

ヨメナかな?と思って撮ったんですが、花びらの反り方が違うような???


光輝いた花びらが印象的で綺麗でした。





この花も判りませんねぇ。

左側に写る葉っぱは、アカツメクサのものです。

共に同じくらいの背丈でした。


この花も、もちろん綺麗でしたよ。





コマツナギかな?

記憶を辿ろうにも、その記憶が…


マメ科植物って遠くから見ると綺麗でも、近くから見ると痛んでいることが多いんですよ。

この花も例外ではありませんでした。

それで、綺麗な花を捜し歩いたことは憶えています。(笑)





この子の事だけは、よ~く知っています。

知っている花や虫に出逢えるとホッとしますねぇ。^^


この続きはまた明日。

コメント

[C4268]

これ、キクの仲間ですよね。
この季節、白や黄色や薄紫のこんな花を良くみかけます。
傷んだ花が多いとがっかりですよね。
綺麗な花の隣に傷んだ花や枯れた花。
ちょっとじゃまだから取り除きたいけれどもそれも自然だし。
でもたまに演出しちゃう事もありますけどね。

いつかのあの花、私好みの花です。
ありがとうございました。

[C4270]

野の花はどこか健気に見えてしまいます。
先入観のせいでしょうか?
青い花も黄色い花も太陽に向かって精一杯向き合っている様な姿に心惹かれます。
最後の写真、光が当たって葉と虫さんが輝いてますね。

[C4272]

キク科の野の花は、なんとも見分けがつきませんよね。
紫に白、花びらが長いの少ないの、綿毛になるの種になるの、と。
同じ種類の花であっても、咲く場所で微妙に姿が変わってたり。
分かるのは、それぞれが適応して咲いていること。
そこが、野の花に共通する“美しさ”でもあるのでしょう。
名前が分からなくても、彼らは黙って花を咲かせる。
そんな健気な姿に、見るものは癒しを見つけるのかもしれませんね。
  • 2007-10-15 22:05
  • 牛柄
  • URL
  • 編集

[C4273]

キク科は難しいんですよね、分類も撮影も。
自分は見分けの苦手な科の1つです。
ヨメナの仲間は形態の違いのほかに、交雑や倍体があるから難しいですね。
名前がわからなくてもきれいなことには変わりないですよ。

[C4274]

taka_imagingさんへ。
野山で花を見つけファインダーを覗いたら…
あれっ?こんなに痛んでたの?ってことがよくありますよね~。
変な虫が居座っていたり、枯れ枝や隣の葉っぱが邪魔をしたりと、
いろいろな困難が待ち構えていますが、
私もtakaさんと同じく、手を加えることなく、
自然のままに撮ることを心がけています。
写真って、自然を傷つけてまで撮るものではないし、
そうあってはいけないものですよね。
時々、隣の葉っぱに軽く曲がってもらうことはありますが。(笑)

[C4275]

g-trmさんへ。
そうですね。野の花は健気に生きていると思います。
誰の助けも借りることなく、自分の力だけで一生懸命生きてます。
うちの鉢花たちにもその姿を見せてやりたいですよ。
"お前達も野の花を見習って1人立ちしなさい"って。^^
野の花って、園芸植物が改良の果てに失った優しい色をしていますよね~。

[C4276]

牛柄さんへ。
キク科植物の識別は困難ですよね。
ずいぶん図鑑と睨めっこをしてきましたが、
どれも微妙に違うんですよ。
もしかして全部新種なのか!?と思いたいくらいです。
新種だったら、名前をつけるんだけどなぁ~。(笑)

山や草原って、行く度に異なる花が咲いていて我々の目を楽しませてくれますが、
綺麗な花の水面下では、厳しい生存競争が繰り広げられているんでしょうね。
その中で、毎年変わらず同じ花を咲かせてくれるその逞しさには感服します。

[C4277]

かげさんへ。
かげさんにも見分けるのが難しい植物があるんですね。
そう言ってもらえると気が楽になる思いです。
(もともと気楽ではあるんですけど。^^;)
キク科ってホントに数が多いですよね~。
植物界の中で繁栄している種類なのかもしれませんね。
常々思っているんですが、植物たちには名札をつけてもらいたいです。(笑)

[C4278]

皆さん仰る様にキク科は難しいですねぇ。以前もすっごい悩んだのがトラウマ! でもこの紫のお花も愛らしいですね。コマツナギも可愛いですよね。 確かに名前を知ってるものに出会うとほっとしますね。

[C4304]

結構難しい花を撮ってきますね。(笑)

ウス紫の花は、ノコンギクではないのですか。

黄色いのはオグルマではない?

葉っぱが見えないのでなんとも。

  • 2007-10-17 23:33
  • さえちゃん
  • URL
  • 編集

[C4305]

florさんへ。
ごめんなさ~い。遅くなりました。
植物の同定は難しいですね~。
蝶なら、素晴らしいネット図鑑があるから調べることが出来るけど、
植物はとにかく難しいです。v-409
「み~んなキクの仲間」ということでOKにしようかなぁ~。(笑)
  • 2007-10-18 01:18
  • fumiQ
  • URL
  • 編集

[C4319]

さえちゃんへ
1、2枚目はやっぱり"ノコンギク"ですか?
ヨメナでないならノコンギクしかないなぁ~とは思いましたが、
決め手が無く判りませんでした。
3枚目の黄色い花ですが、オグルマも考えましたが、
微妙に違うんです。
まぁ、全国どこでも一緒の花が咲くわけないし、
地域によって微妙に分化しているんでしょうけど…
う~ん、まだまだ判らないことが多いです。^^
ノコンギク、ありがとうございました。
  • 2007-10-19 00:58
  • fumiQ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ashimoto239.blog58.fc2.com/tb.php/476-2fde4c83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

管理人

ふみ

Author:ふみ
□ 熊本在住 
□ 男性 
□ ぼちぼちマイペース 
□ コメントを頂けると嬉しいです

検索はこちら

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。