Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C4135]

fmiQさんの所の庭はきっと安心できるんですね。
オオバコ、引き出した葉脈の数や長さを競ったりした記憶があります。
  • 2007-10-03 00:57
  • かげ
  • URL
  • 編集

[C4136]

魅惑的な蝶ですね☆
オオバコ、花の所をU字型にして引っ掛け合ってどちらが強いか(通じました?)引っ張り合ったした様な・・・。(何分遠~い昔なので)

[C4137]

螺鈿、まさしく!
あるいはアルフォンス・ミュシャのような、ガレのような。
ため息の出るような美しさですね。
こんな美しい生命を生み出す地球に、そしてそれを見ることのできる環境、ヒトの目に感謝です。
黄色い花、つぼみの感じからオニタラビコ、あるいはスイランなんかどうでしょう。
オオバコは花茎で相撲を取ったりしませんでしたか?
  • 2007-10-03 22:20
  • 牛柄
  • URL
  • 編集

[C4138]

かげさんへ。
私の場合、肉食昆虫を応援するなんてありえないことなんですが、
あのカマキリさんは普通じゃないので心配です。
もう少し逞しくなって欲しいものです。^^
かげさんのコメントを読ませてもらい、オオバコ遊びを思い出しました!
あれは葉脈の長さくらべでした。懐かしいなぁ~。

[C4139]

g-trmさんへ。
思い出して頂きありがとうございます。^^
オオバコ1つで、いろんな遊びがあるんですね~。
花の引っ張り合いはしたことがありませんでした。
私の場合は、葉脈を取り出しての長さ比べです。
微妙な力加減で茎を折るんですよ。
引っ張り合いは、巨大なカタバミの茎でやりました。^^

[C4140]

牛柄さんへ。
落ち着いた良い翅色をした蝶ですね~。
地味すぎて、写真のピント合わせには苦労しましたが、
その美しさに興奮したのを憶えています。
あの翅に太陽光が当たったら、どんな光を放つんでしょうね?
黄色い花は、オニタビラコよりもひと回り大きく、
また、水分の少ない所なので、スイランでもないと思います。
オオバコの花茎で相撲はしたことなかったです。
葉脈の長さ比べで遊びましたよ~。

[C4141]

アサギマダラ綺麗ですね~って前に熊本にいるのですね!驚きました、もっと南の蝶だと思っていました。
ムシヒキ今までそんな人に悪いことするとは知りませんでした。余程機嫌が悪かったのか、fumiQさんが汗をかいて美味しそうな匂いを出してたのかなぁ。。。でもオオスズメバチじゃなくて良かったですよ。今の時期が一番凶暴だとか聞くので。。
怖かったですね。

[C4149]

florさんへ。
アサギマダラって、南の蝶なんですか?
この蝶のこと全然知らないんですよ。今回初めて見ました。
翅が痛んでいるわけではないので、台風で運ばれたわけではないようです。
温暖化に伴って、北上しているのかもしれませんね。

[C4173]

fumiQさん、こんにちは ^-^*
アサギマダラですね!
渡り蝶だとは聞いていますが、佐渡のドンデン高原にも立ち寄っている蝶です。
私はあいにく、その山へ登るすべを知りませんので
逢える確率は殆ど、ないのですが。^^;

9月中にドンデン高原で飛んでいたと聞きましたので
もう九州まで南下しているのでしょうか?
あの小さな体(翅)で、すごいな~!
とてもきれいな蝶々ですよね、2枚目は同系色でおしゃれですね。
そういえば、カマキリさんも同系色できまってますね(笑)
  • 2007-10-06 16:27
  • maki
  • URL
  • 編集

[C4180]

makiさんへ。
ドンデン高原って不思議なお名前ですね。^^
アサギマダラが佐渡にもいることより、その高原の名前に惹かれてしまいました。
なんだろう?不思議な響きです。
アサギマダラは、冬が近づくと南の方に下がっていくのかもしれませんね。
冬、四国にいるって読んだことがありますから。
渡り鳥にも驚きますが、
もっと小さく弱い蝶が長い距離を渡るなんて、凄いことですよね~。エライ!

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ashimoto239.blog58.fc2.com/tb.php/464-73a6797c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

自然な煌めき。




まるで螺鈿細工のような美しさでした。

歩いて追いつけるくらいに、ゆったりと舞っていましたよ。





自分の翅の色を知っているんですね~。

茶色い葉っぱを選んでは留まっていました。


"アサギマダラ"かな。





これは"オオバコ"の花ですね。きっと。

小学生の頃の遠足とかで、オオバコの葉っぱを使って遊んでいたことを憶えています。^^

茎をポキッと折って、白い繊維状のものを出して・・・。

あれ?この後どうしたっけ?^^





コウゾリナかな?

くるくるっとカールしたオシベが面白いですね。

あそこに留まった虫たちは、否応なしに花粉まみれ?





野生のカマキリさんです。

隙のない構えをしています。

うちに住むカマキリも野生と言えば野性だけど、やっぱり体格も表情も違いますね!

精悍というか、厳しさを知っているというか…

とにかく同じカマキリとは思えませ~ん。(笑)


↓ わが家のカマキリで~す。



コメント

[C4135]

fmiQさんの所の庭はきっと安心できるんですね。
オオバコ、引き出した葉脈の数や長さを競ったりした記憶があります。
  • 2007-10-03 00:57
  • かげ
  • URL
  • 編集

[C4136]

魅惑的な蝶ですね☆
オオバコ、花の所をU字型にして引っ掛け合ってどちらが強いか(通じました?)引っ張り合ったした様な・・・。(何分遠~い昔なので)

[C4137]

螺鈿、まさしく!
あるいはアルフォンス・ミュシャのような、ガレのような。
ため息の出るような美しさですね。
こんな美しい生命を生み出す地球に、そしてそれを見ることのできる環境、ヒトの目に感謝です。
黄色い花、つぼみの感じからオニタラビコ、あるいはスイランなんかどうでしょう。
オオバコは花茎で相撲を取ったりしませんでしたか?
  • 2007-10-03 22:20
  • 牛柄
  • URL
  • 編集

[C4138]

かげさんへ。
私の場合、肉食昆虫を応援するなんてありえないことなんですが、
あのカマキリさんは普通じゃないので心配です。
もう少し逞しくなって欲しいものです。^^
かげさんのコメントを読ませてもらい、オオバコ遊びを思い出しました!
あれは葉脈の長さくらべでした。懐かしいなぁ~。

[C4139]

g-trmさんへ。
思い出して頂きありがとうございます。^^
オオバコ1つで、いろんな遊びがあるんですね~。
花の引っ張り合いはしたことがありませんでした。
私の場合は、葉脈を取り出しての長さ比べです。
微妙な力加減で茎を折るんですよ。
引っ張り合いは、巨大なカタバミの茎でやりました。^^

[C4140]

牛柄さんへ。
落ち着いた良い翅色をした蝶ですね~。
地味すぎて、写真のピント合わせには苦労しましたが、
その美しさに興奮したのを憶えています。
あの翅に太陽光が当たったら、どんな光を放つんでしょうね?
黄色い花は、オニタビラコよりもひと回り大きく、
また、水分の少ない所なので、スイランでもないと思います。
オオバコの花茎で相撲はしたことなかったです。
葉脈の長さ比べで遊びましたよ~。

[C4141]

アサギマダラ綺麗ですね~って前に熊本にいるのですね!驚きました、もっと南の蝶だと思っていました。
ムシヒキ今までそんな人に悪いことするとは知りませんでした。余程機嫌が悪かったのか、fumiQさんが汗をかいて美味しそうな匂いを出してたのかなぁ。。。でもオオスズメバチじゃなくて良かったですよ。今の時期が一番凶暴だとか聞くので。。
怖かったですね。

[C4149]

florさんへ。
アサギマダラって、南の蝶なんですか?
この蝶のこと全然知らないんですよ。今回初めて見ました。
翅が痛んでいるわけではないので、台風で運ばれたわけではないようです。
温暖化に伴って、北上しているのかもしれませんね。

[C4173]

fumiQさん、こんにちは ^-^*
アサギマダラですね!
渡り蝶だとは聞いていますが、佐渡のドンデン高原にも立ち寄っている蝶です。
私はあいにく、その山へ登るすべを知りませんので
逢える確率は殆ど、ないのですが。^^;

9月中にドンデン高原で飛んでいたと聞きましたので
もう九州まで南下しているのでしょうか?
あの小さな体(翅)で、すごいな~!
とてもきれいな蝶々ですよね、2枚目は同系色でおしゃれですね。
そういえば、カマキリさんも同系色できまってますね(笑)
  • 2007-10-06 16:27
  • maki
  • URL
  • 編集

[C4180]

makiさんへ。
ドンデン高原って不思議なお名前ですね。^^
アサギマダラが佐渡にもいることより、その高原の名前に惹かれてしまいました。
なんだろう?不思議な響きです。
アサギマダラは、冬が近づくと南の方に下がっていくのかもしれませんね。
冬、四国にいるって読んだことがありますから。
渡り鳥にも驚きますが、
もっと小さく弱い蝶が長い距離を渡るなんて、凄いことですよね~。エライ!

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ashimoto239.blog58.fc2.com/tb.php/464-73a6797c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

管理人

ふみ

Author:ふみ
□ 熊本在住 
□ 男性 
□ ぼちぼちマイペース 
□ コメントを頂けると嬉しいです

検索はこちら

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。