Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C3999] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C4000]

fumiQさん、こんにちは ^-^*
↓のアシナガさん、モノクロにしたの正解です!
シルエットみたいで、かっこいい!
ただ、いっぱい写ってる黄色いアシナガさんは、ちょっと怖かった。^^;

fumiQさんの目線は、どこまでも行き届いていらっしゃいますね。
小さな虫さんたち、なかなかここまで気付くって難しいんじゃないかな・・・。
オンブバッタさんなんて
ここ数年、見かけていないですぅ~~。
  • 2007-09-18 17:07
  • maki
  • URL
  • 編集

[C4001]

秘密のコメントさんへ。
このセリーヌは、ノワゼットローズと言う種類のバラで、
つるバラに近い性質をもっています。
葉っぱも花も優しい色で、春も秋も真っ先に咲いてくれるお気に入りです。

生き物と草花の共生は、思った以上に難しいですね~。
自然界だと蜂や鳥や蟻が数を調整しますが、
人工的な環境だとバランスをとることの難しさを痛感します。
食料の葉がなくなれば、いづれ、それを主食とする生き物も全滅してしまうわけですから、
花を育てるときのように、ときには選別をすることも止むを得ないことと思います。
もしものときの解決方法になるかどうかは分かりませんが、
秋になると、道路脇や公園や空き地に、パンジーや葉牡丹や菜の花がお目見えすることでしょう。
そちらへ引越ししてもらう方法もありだと思いますよ。

[C4002]

makiさんへ。
ありがとうございま~す♪
カッコイイと仰って頂けるということは、
アシナガさん1匹なら大丈夫なんですね。^^
凄~い!makiさんはお強いですね。
てっきり、キャ~と絶叫されるかと思いました。
バッタさん達には、草むらに行くと逢えますよ~。
草むらを足でちょちょっと突っついたら、ピョーンと飛び出すはずです。
(足で軽くですよ^^)
お庭の場合ですと、ジョウロで水を撒くと出てきますよ。
最近、虫たちにばかり目が行って… 
一応、花ブログなんですよ。ここは。(笑)

[C4003]

セリーヌ・フォレスティエ、ですか。
花全体の造形、雰囲気もさることながら、花びら一枚々々の形も素敵ですね。
葉の色合い、スタイルもなかなか宜しい。
美しさは人が愛でて、萎れてもコガネムシやオンブバッタのお役立ち^^
ある意味、fumiQさんのお庭は陸生ビオトープですね。
そうそう、オンブバッタといえばこちらのお方、ちょっと吊り目っぽく見えませんかw
  • 2007-09-18 22:29
  • 牛柄
  • URL
  • 編集

[C4004]

牛柄さんへ。
バラのことを考えると、花後はすぐに切るべきなんですけど、
コガネムシを捕まえることが出来るし(←捕獲後、川原や空き地へお引越し)、
バッタさんには花弁を食べてもらうことで、他の植物への被害を減らしています。
それに、ちょうど良い高さにいてくれるので、写真が撮りやすいんですよ。^^
このバッタさん(メス)、確かに目が細いですね。
目が下を向いているから、そう見えるのかな?
この写真を見る限り、目の点が少しだけ動くみたいですね。

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ashimoto239.blog58.fc2.com/tb.php/449-03e712c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

秋はもうすぐ?


セリーヌ・フォレスティエ

"セリーヌ・フォレスティエ"が咲いてくれました。

いよいよ秋バラのシーズンですね♪


一応、夏の間も咲いてはいたんですよ。

一重咲き状態でしたが。^^;

しかも、朝咲いてもお昼の強い日差しですぐに痛んで萎れていました。


でも、そんな萎れた花を好む方もいらっしゃったようで…




バラとオンブバッタ

そう、この方です。

萎れた花弁が美味らしいです。

バラの花が痛んだ頃に、コガネムシと共にやって来ます。

オンブバッタは花弁を、コガネムシはシベを好んで食べるんですよ。^^


バラの花も、果物と同じく傷みかけが美味しいのかもしれませんね。


コメント

[C3999] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C4000]

fumiQさん、こんにちは ^-^*
↓のアシナガさん、モノクロにしたの正解です!
シルエットみたいで、かっこいい!
ただ、いっぱい写ってる黄色いアシナガさんは、ちょっと怖かった。^^;

fumiQさんの目線は、どこまでも行き届いていらっしゃいますね。
小さな虫さんたち、なかなかここまで気付くって難しいんじゃないかな・・・。
オンブバッタさんなんて
ここ数年、見かけていないですぅ~~。
  • 2007-09-18 17:07
  • maki
  • URL
  • 編集

[C4001]

秘密のコメントさんへ。
このセリーヌは、ノワゼットローズと言う種類のバラで、
つるバラに近い性質をもっています。
葉っぱも花も優しい色で、春も秋も真っ先に咲いてくれるお気に入りです。

生き物と草花の共生は、思った以上に難しいですね~。
自然界だと蜂や鳥や蟻が数を調整しますが、
人工的な環境だとバランスをとることの難しさを痛感します。
食料の葉がなくなれば、いづれ、それを主食とする生き物も全滅してしまうわけですから、
花を育てるときのように、ときには選別をすることも止むを得ないことと思います。
もしものときの解決方法になるかどうかは分かりませんが、
秋になると、道路脇や公園や空き地に、パンジーや葉牡丹や菜の花がお目見えすることでしょう。
そちらへ引越ししてもらう方法もありだと思いますよ。

[C4002]

makiさんへ。
ありがとうございま~す♪
カッコイイと仰って頂けるということは、
アシナガさん1匹なら大丈夫なんですね。^^
凄~い!makiさんはお強いですね。
てっきり、キャ~と絶叫されるかと思いました。
バッタさん達には、草むらに行くと逢えますよ~。
草むらを足でちょちょっと突っついたら、ピョーンと飛び出すはずです。
(足で軽くですよ^^)
お庭の場合ですと、ジョウロで水を撒くと出てきますよ。
最近、虫たちにばかり目が行って… 
一応、花ブログなんですよ。ここは。(笑)

[C4003]

セリーヌ・フォレスティエ、ですか。
花全体の造形、雰囲気もさることながら、花びら一枚々々の形も素敵ですね。
葉の色合い、スタイルもなかなか宜しい。
美しさは人が愛でて、萎れてもコガネムシやオンブバッタのお役立ち^^
ある意味、fumiQさんのお庭は陸生ビオトープですね。
そうそう、オンブバッタといえばこちらのお方、ちょっと吊り目っぽく見えませんかw
  • 2007-09-18 22:29
  • 牛柄
  • URL
  • 編集

[C4004]

牛柄さんへ。
バラのことを考えると、花後はすぐに切るべきなんですけど、
コガネムシを捕まえることが出来るし(←捕獲後、川原や空き地へお引越し)、
バッタさんには花弁を食べてもらうことで、他の植物への被害を減らしています。
それに、ちょうど良い高さにいてくれるので、写真が撮りやすいんですよ。^^
このバッタさん(メス)、確かに目が細いですね。
目が下を向いているから、そう見えるのかな?
この写真を見る限り、目の点が少しだけ動くみたいですね。

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ashimoto239.blog58.fc2.com/tb.php/449-03e712c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

管理人

ふみ

Author:ふみ
□ 熊本在住 
□ 男性 
□ ぼちぼちマイペース 
□ コメントを頂けると嬉しいです

検索はこちら

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。