Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C3765]

確かに土から出てきたときの気持ちってどうなんでしょうね?
まぶしくてすばらしいのでしょうか?
めっきり秋めいてきたのでしんみりした気持ちで読んでいました。
いい話でした♪

[C3768]

私の実家は何年か前に立て替えたのですが、その時に家の前を
コンクリートで固めてしまいました。
そこには冬の間水を流しておいて、屋根から落とした雪を
消すための場所でもあったのですが、水を流しやすい様に
固めてしまったのです。
以前は土だったので、セミが抜け出た穴が沢山有りました。
家を建てる時の基礎工事で土を掘り返し、さらにコンクリートで
固めてしまったのでそこからはセミは二度と出てくることがありません。
私たちの都合の良い様にしてしまったことで、沢山のセミたちを
殺してしまったのかと思うと、なんだか切ない気持ちになります。

[C3769]

セミの観察会をしていると、穴の入り口でじっと待っている幼虫と目が合います。
あの目を見るとどんなことを考えているのか知りたくなりますね。

[C3770]

わぁ~ 奥行きがあって、1枚目、傑作ですね~d(^^*)
今年はなぜかヒグラシが鳴かないんです。
ず~っと待ってるんです。
いつもならもっと暑い時期から鳴いてるはずなのに、
どうしたんでしょう。。心配。。

もうすぐセミの鳴き声も聞こえなくなっちゃいますね。
夏が大好きな私としては非常に淋しいです。
セミくんたちにエールを送ります。
秋にまけるな、がんばれ~(#^.^#)
  • 2007-08-31 21:28
  • あまぞんりりー
  • URL
  • 編集

[C3771]

こちらでは、気付けばいつのまにか、セミの声がしなくなっていました。
最後に鳴くというツクツクホウシの声すら聞くこともなく、今年は盛夏からいきなり秋。
晩夏というものは省略されてしまったようです。
アブラゼミの、樹に留まったままの遺骸、不思議なような羨ましいような。
この子は天寿をまっとうしたんですね。
きっと、地上に出ることの出来た幸福、謳歌した幸福を胸に逝ったんだと。
季節は巡ります、いづれ彼らの子孫が夏の太陽を浴びることでしょう。
たとえ周りが変われど、命は、けっこうしたたかなものですよね。

[C3772]

夜通し大合唱だったセミ、静かになりました。
今日は桜の木に止まるセミを見て少し嬉しくなりましたよ。こんな仲間が少ない時期まで頑張ってるけど、お相手は無事見つかるのかなぁ~
工事でセミを。。ってこれはたまに想像しますね。コンクリで固める所を見た時とか。
でも 昔から思ってるんだけど、
人間って なにも考えないで歩いてるだけで蟻さんとか生物を知らず知らずに殺しちゃってるんじゃないかなぁって。それを思うと宗教的な考えに辿り着いて行きます。
あれ、はなしがちょっと違うね。自分の目の届く範囲で精一杯の優しさを返してあげれたらいいんじゃないかな。

[C3775]

Norさんへ。
彼らの目にはどんな風に見えるんでしょうね?
確か、夜になってから出てくるはずですから、
真っ暗で見えないかもしれないけど、
ずーっと暗い土の中にいたから夜目は利くのかな?^^
う~ん、分らないことだらけです。
広い世界を自由に飛び回れて、幸せを感じていると良いですね。
私も飛んで見たいです。^^
  • 2007-09-01 00:43
  • fumiQ
  • URL
  • 編集

[C3777]

taka_imagingさんへ。
目に見える生き物たちならば、助けることが出来るのですが、
土の中だと難しいですね。
セミの他にもミミズとかカナブンとか…
でも、これは我々に見える範囲のことであって、
ミクロの生き物を含めると、もうどうしていいのか分かりません。
ただ、我々人間のために、多くの生き物が犠牲になっている現実を忘れてはいけないと思います。
それを考えた上で、より良い方法を選んでいくしかないでしょうね。
  • 2007-09-01 12:43
  • fumiQ
  • URL
  • 編集

[C3778]

かげさんへ。
確か、セミ達は穴の入り口で暗くなるのを待っているんですよね。
「夜はまだかなぁ~」ってワクワクしながら待っているのでしょうか?^^
心拍数を上げながら。(笑)
1度そのような場面に出くわしたいものです。
  • 2007-09-01 12:53
  • fumiQ
  • URL
  • 編集

[C3779]

あまぞんりりーさんへ。
ありがとうございま~す。^^
桜の枝は細くて多いので、2線ボケにならないか心配でしたが、
このレンズは心配無用でした。
(シグマ50mmとかタムロン90mmだと、ときどき出るんですよ。)
ヒグラシ、どうしたんでしょう?
今年の夏は暑かったから、夏バテして眠っているのかもしれませんね。^^
熊本では、体感的にまだ暑いのですが、
生き物たちの構成が変わりつつあると感じています。
嬉しい事に、2ヶ月ほど行方不明だったヒヨちゃんが戻ってきてくれました。
  • 2007-09-01 13:05
  • fumiQ
  • URL
  • 編集

[C3780]

牛柄さんへ。
一昨日の雨のおかげで、2階の夜の温度が30℃を切りました。
雨が降る前は、34℃あったんですよ。^^
これを機に涼しくなってくれたら嬉しいのですが…
世の中、そんなに甘くないでしょうね。(笑)
熊本の秋はまだまだです。
2枚目のアブラゼミが亡くなっていることに気づいたとき、
不思議と悲しく・可哀相に思いませんでした。
お疲れさまという思いの方が強かったです。
何年か後、彼らの子孫に出逢えることを楽しみにしたいと思います。
  • 2007-09-01 13:20
  • fumiQ
  • URL
  • 編集

[C3781]

florさんへ。
季節に乗り遅れて出てきた虫たちの出逢いって気になりますよね~。
ちゃんと良い相手と出逢えたのかな?って。
虫のことを考える前に自分のことを考えなさいと言われそうですけど。^^;
我々が生きていく限り、多くの命を犠牲にしていると思います。
気にしていようがいまいが、大差ないのかもしれません。
これからも、命を大切に思う心を忘れないようにしていきたいですね。
でもでも、腕に蚊が留まってチュウチュウされたら…
遠慮なくプチっとしちゃいます。(笑)
蚊に献血するつもりはありませんので。^^
  • 2007-09-01 13:34
  • fumiQ
  • URL
  • 編集

[C3782]

この所涼しい日が続いているので特にしんみり拝見しました。
共存するのは難しい事ですね。せめて無駄な殺生だけでもしないように心がけようと思います。
クマゼミ、初めて見ました!!いつも夫に話を聞くばかりでしたので嬉しいです♪

[C3792]

g-trmさんへ。
クマゼミ初めてでしたか?
あの写真だけでは分りづらいと思いますが、
かなり大きめのセミなんですよ。
アブラゼミよりも大きいです。
(ひと回りとまではいきません)
昔は、セミと言えばアブラゼミでしたが、
今ではクマゼミの方をよく見るようになりました。
何か変化が起きているのかもしれません。
「生活の便利さを追求しすぎると、
気づかないところで多くの生き物達を傷つけることになる」
そのことを忘れないようにしたいですね。

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ashimoto239.blog58.fc2.com/tb.php/432-7272fa2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

残された時間。




毎日賑やかだったクマゼミの声も聞こえなくなりました。

今聞こえるのは、ツクツクホウシの声。


秋は、すぐそこまで近づいているようですね。


写真はクマゼミです。(たぶん^^)


この子が生まれた日、
この地にはまだ私の姿はなく、お婆さんが1人住んでいました。

そして、今、駐車スペースとなっている場所には、大きな木と岩のある和風の小庭がありました。

その大きな木の根元にセミ達が子孫を残していったのでしょう。
毎年、木のあった場所近くには、穴が幾つも開いています。

今思えば、家を建てるときに彼ら自身を傷つけたかもしれません。

拠り所にしていた木がなくなってしまったことで、つらい思いをさせてしまったかもしれません。

共存するって難しいですね。





こちらは、クマゼミから少し遅れて鳴きだすアブラゼミ。

撮影中に気づいたのですが、
この子、もうお星さまになっていました。

子孫を残すために与えられた時間は、とても短いものです。

無事子孫を残せたのなら良いんですけど…


近いうちに、土に戻してあげたいと思います。
私に出来ることはそれくらいです。


ところで、昔から気になっていたことがあるんですよ。

長い長い間、光の届かない土の中に彼らは居たわけですが、
羽化するために地上に顔を出した瞬間って、
その目には、この世界がどういう風に映っているんでしょうね?

憧れの世界だぁ~素晴らしい♪と思ってもらえたら嬉しいな。


コメント

[C3765]

確かに土から出てきたときの気持ちってどうなんでしょうね?
まぶしくてすばらしいのでしょうか?
めっきり秋めいてきたのでしんみりした気持ちで読んでいました。
いい話でした♪

[C3768]

私の実家は何年か前に立て替えたのですが、その時に家の前を
コンクリートで固めてしまいました。
そこには冬の間水を流しておいて、屋根から落とした雪を
消すための場所でもあったのですが、水を流しやすい様に
固めてしまったのです。
以前は土だったので、セミが抜け出た穴が沢山有りました。
家を建てる時の基礎工事で土を掘り返し、さらにコンクリートで
固めてしまったのでそこからはセミは二度と出てくることがありません。
私たちの都合の良い様にしてしまったことで、沢山のセミたちを
殺してしまったのかと思うと、なんだか切ない気持ちになります。

[C3769]

セミの観察会をしていると、穴の入り口でじっと待っている幼虫と目が合います。
あの目を見るとどんなことを考えているのか知りたくなりますね。

[C3770]

わぁ~ 奥行きがあって、1枚目、傑作ですね~d(^^*)
今年はなぜかヒグラシが鳴かないんです。
ず~っと待ってるんです。
いつもならもっと暑い時期から鳴いてるはずなのに、
どうしたんでしょう。。心配。。

もうすぐセミの鳴き声も聞こえなくなっちゃいますね。
夏が大好きな私としては非常に淋しいです。
セミくんたちにエールを送ります。
秋にまけるな、がんばれ~(#^.^#)
  • 2007-08-31 21:28
  • あまぞんりりー
  • URL
  • 編集

[C3771]

こちらでは、気付けばいつのまにか、セミの声がしなくなっていました。
最後に鳴くというツクツクホウシの声すら聞くこともなく、今年は盛夏からいきなり秋。
晩夏というものは省略されてしまったようです。
アブラゼミの、樹に留まったままの遺骸、不思議なような羨ましいような。
この子は天寿をまっとうしたんですね。
きっと、地上に出ることの出来た幸福、謳歌した幸福を胸に逝ったんだと。
季節は巡ります、いづれ彼らの子孫が夏の太陽を浴びることでしょう。
たとえ周りが変われど、命は、けっこうしたたかなものですよね。

[C3772]

夜通し大合唱だったセミ、静かになりました。
今日は桜の木に止まるセミを見て少し嬉しくなりましたよ。こんな仲間が少ない時期まで頑張ってるけど、お相手は無事見つかるのかなぁ~
工事でセミを。。ってこれはたまに想像しますね。コンクリで固める所を見た時とか。
でも 昔から思ってるんだけど、
人間って なにも考えないで歩いてるだけで蟻さんとか生物を知らず知らずに殺しちゃってるんじゃないかなぁって。それを思うと宗教的な考えに辿り着いて行きます。
あれ、はなしがちょっと違うね。自分の目の届く範囲で精一杯の優しさを返してあげれたらいいんじゃないかな。

[C3775]

Norさんへ。
彼らの目にはどんな風に見えるんでしょうね?
確か、夜になってから出てくるはずですから、
真っ暗で見えないかもしれないけど、
ずーっと暗い土の中にいたから夜目は利くのかな?^^
う~ん、分らないことだらけです。
広い世界を自由に飛び回れて、幸せを感じていると良いですね。
私も飛んで見たいです。^^
  • 2007-09-01 00:43
  • fumiQ
  • URL
  • 編集

[C3777]

taka_imagingさんへ。
目に見える生き物たちならば、助けることが出来るのですが、
土の中だと難しいですね。
セミの他にもミミズとかカナブンとか…
でも、これは我々に見える範囲のことであって、
ミクロの生き物を含めると、もうどうしていいのか分かりません。
ただ、我々人間のために、多くの生き物が犠牲になっている現実を忘れてはいけないと思います。
それを考えた上で、より良い方法を選んでいくしかないでしょうね。
  • 2007-09-01 12:43
  • fumiQ
  • URL
  • 編集

[C3778]

かげさんへ。
確か、セミ達は穴の入り口で暗くなるのを待っているんですよね。
「夜はまだかなぁ~」ってワクワクしながら待っているのでしょうか?^^
心拍数を上げながら。(笑)
1度そのような場面に出くわしたいものです。
  • 2007-09-01 12:53
  • fumiQ
  • URL
  • 編集

[C3779]

あまぞんりりーさんへ。
ありがとうございま~す。^^
桜の枝は細くて多いので、2線ボケにならないか心配でしたが、
このレンズは心配無用でした。
(シグマ50mmとかタムロン90mmだと、ときどき出るんですよ。)
ヒグラシ、どうしたんでしょう?
今年の夏は暑かったから、夏バテして眠っているのかもしれませんね。^^
熊本では、体感的にまだ暑いのですが、
生き物たちの構成が変わりつつあると感じています。
嬉しい事に、2ヶ月ほど行方不明だったヒヨちゃんが戻ってきてくれました。
  • 2007-09-01 13:05
  • fumiQ
  • URL
  • 編集

[C3780]

牛柄さんへ。
一昨日の雨のおかげで、2階の夜の温度が30℃を切りました。
雨が降る前は、34℃あったんですよ。^^
これを機に涼しくなってくれたら嬉しいのですが…
世の中、そんなに甘くないでしょうね。(笑)
熊本の秋はまだまだです。
2枚目のアブラゼミが亡くなっていることに気づいたとき、
不思議と悲しく・可哀相に思いませんでした。
お疲れさまという思いの方が強かったです。
何年か後、彼らの子孫に出逢えることを楽しみにしたいと思います。
  • 2007-09-01 13:20
  • fumiQ
  • URL
  • 編集

[C3781]

florさんへ。
季節に乗り遅れて出てきた虫たちの出逢いって気になりますよね~。
ちゃんと良い相手と出逢えたのかな?って。
虫のことを考える前に自分のことを考えなさいと言われそうですけど。^^;
我々が生きていく限り、多くの命を犠牲にしていると思います。
気にしていようがいまいが、大差ないのかもしれません。
これからも、命を大切に思う心を忘れないようにしていきたいですね。
でもでも、腕に蚊が留まってチュウチュウされたら…
遠慮なくプチっとしちゃいます。(笑)
蚊に献血するつもりはありませんので。^^
  • 2007-09-01 13:34
  • fumiQ
  • URL
  • 編集

[C3782]

この所涼しい日が続いているので特にしんみり拝見しました。
共存するのは難しい事ですね。せめて無駄な殺生だけでもしないように心がけようと思います。
クマゼミ、初めて見ました!!いつも夫に話を聞くばかりでしたので嬉しいです♪

[C3792]

g-trmさんへ。
クマゼミ初めてでしたか?
あの写真だけでは分りづらいと思いますが、
かなり大きめのセミなんですよ。
アブラゼミよりも大きいです。
(ひと回りとまではいきません)
昔は、セミと言えばアブラゼミでしたが、
今ではクマゼミの方をよく見るようになりました。
何か変化が起きているのかもしれません。
「生活の便利さを追求しすぎると、
気づかないところで多くの生き物達を傷つけることになる」
そのことを忘れないようにしたいですね。

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ashimoto239.blog58.fc2.com/tb.php/432-7272fa2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

管理人

ふみ

Author:ふみ
□ 熊本在住 
□ 男性 
□ ぼちぼちマイペース 
□ コメントを頂けると嬉しいです

検索はこちら

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。