Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C3176]

無事でよかったです
最近私、山登りでも日傘をさしてるんですよ
だって毛虫やクモの巣やいっぱいでぶつかるんだもの~
↓の芋虫のお話でした。
さてここは思い出しながら読みました
熊本っていい街ですね
自然がすぐ近くにあって。
黒こげのバッタさんはまだ成長途中なのかしら?

[C3177]

無事で何よりです。
最近忙しいのと雨続きとで写真撮りに行っていません。
それにしても見事なオオハンゲですね~
苞をめくってみると、雄性期、雌性期、実のなりかけと時期によって面白いですよ~
マムシグサの仲間は栄養状態で、雄花、雌花になるそうです。
この株は栄養状態がよかったみたいですね。
バッタもこんな黒くすすけたような状態があるんですねぇ

[C3178] 懐かしい所

ご無事でよかったです。
なつかしい地名が次々出てくるのでしばらくこのシリーズを続けて欲しい気も・・・。
金峰山はいつ行ったきりかな???
近くの、細川ガラシャ夫人ゆかりの山や宮本武蔵のお墓あたりには、よく行っていましたよ。
昨年から野草に興味を持ち始め、こんど帰郷したら故郷の野草を撮りたいと思っていたところなので、一足先にこのページで見せていただき嬉しいです。

[C3183]

ご無事で良かったです! お庭は、台風の被害が出ませんでしたか?
水不足の解消はしたのでしょうがあちこちに大きな被害が出て人間の良い様には行かないものですね。

真黒のバッタ君、もうビックリです!!
すっかり雷の影響かと思ってしまいました(笑)
突然変異なのでしょうか?
珍しい動植物に目が白黒です!!

[C3184]

ここまで黒くなるとは・・・。
こりゃもう、本当に落雷に遭ったに違いない!w
どうすりゃここまで黒くなれるんかな、食いモン? 気まぐれ? 親の顔が見てみたい。
マムシグサは花も茎も変だけど、実も変ですよね。
なんつーか、見てる分には面白そうだけど、あまり仲良くなれなさそうな・・・^^;

[C3185]

pandaさんへ。
ご心配おかけしました。
草の上の青虫毛虫は避けられるけど、
上からびよ~んと降りてこられたら、どうしようもないですよね~。
傘を差すのが正解ですね。^^
改めて考えてみると、こんな都市の近くに山らしい山がある所も珍しいかもしれません。
ただ地元の人は、当たり前すぎて気づいていないと思いますよ。
あのバッタ君は、秋ごろにはあの3倍くらいの大きさになると思います。
色は…ずーっとあのままなのかな。^^
  • 2007-07-16 01:02
  • fumiQ
  • URL
  • 編集

[C3186]

かげさんへ。
ご心配おかけしました。この通り無事生きてます。
登り道の途中、オオハンゲだらけでした。
図鑑とかで見たことはあったのですが、
大量に上に向かって生えているところを見ると、恐くて触れませんねぇ。
オオハンゲも実が生るんですか!?
今度登るときの楽しみが出来ました。チェックしたいと思います。
茶色いバッタってよく見かけるんですが、
ここまで黒いバッタは初めてです。
目立たない色というよりは、むしろ目立ちすぎではないかと…。^^;
  • 2007-07-16 01:11
  • fumiQ
  • URL
  • 編集

[C3187]

hirahiraさんへ。
こんばんは。心配して頂き嬉しく思っています。
まだ梅雨なので、花壇の写真が撮れないでいます。
ですから、もうしばらく金峰山編が続くでしょう。
お付き合いの程よろしくお願いしますね。^^
hirahiraさんは、立田山近くにお住みだったのですか?
あそこも良い山ですよね~。
あそこでは、クワガタを採ったり、押し花を作ったり、
そして、細川家のお墓に行って、恐い思いをした経験があります。(笑)
  • 2007-07-16 01:18
  • fumiQ
  • URL
  • 編集

[C3188]

g-trmさんへ。
ご心配おかけしました。幸いにも被害は鉢が倒れたくらいで済みました。
北風が強かったのですが、家が壁となり、花壇を守ってくれたようです。
ただ1つ、可哀相なことに場所的に守ってもらえなかった金柑が、
ひたすら突風で揺れていました。(笑)
最後のバッタは意味不明なくらい真っ黒ですね。
緑が豊富な山なのに、どうして黒くなったんでしょう?^^
こればかりは本人に聞いてみないと分かりませんね。
  • 2007-07-16 01:24
  • fumiQ
  • URL
  • 編集

[C3189]

牛柄さんへ。
あそこまで黒いと、かえって敵に襲われないかもしれませんね。
そうとしか考えられません。^^
それとも、あんな色の種類のバッタがいるんでしょうか?
バッタの世界は、まだまだ奥が深いみたいです。
マムシグサとは、私も仲良くなれないです。
ただ、秋頃の真っ赤な実より、今の状態の方がまだ近づける気がします。
いやいや、気がするだけかな。^^;
  • 2007-07-16 01:31
  • fumiQ
  • URL
  • 編集

[C3191]

マムシグサとかムサシアブミとか、このオオハンゲ(?)にしても、
最近この手のお花に親近感を持てるようになったことが、
進化したものだと我ながら喜んでいることです。
バッタくん、黒い子もいるのね。
いなごの佃煮に見えちゃった… (^-^;スイマセン

気軽に山に行けるのはとても羨ましいです^^
  • 2007-07-16 10:39
  • あまぞんりりー
  • URL
  • 編集

[C3195]

あまぞんりりーさんへ。
マムシグサ!ムサシアブミ!オオハンゲ!最強のトリオですね。^^
まだまだ近寄り難いものがあります。v-411
いつの日か、綺麗だとか可愛いと思える日がやってくるんでしょうか?^^
我がことながら、楽しみです。
つ、佃煮ですか!?バッタ君ショック受けてますよ。(笑)

[C3217]

生き物はこの日も元気ですね。
台風が近づくと変わった行動をとる生き物もいそうですよね。
普段見慣れない花や生き物を見ると写真でも嬉しくなります^^
焦げたバッタは雌雄差なのかな~?

[C3234]

florさんへ。
地震前の鯰はともかく、台風なら奇怪な行動をとる生き物も多いでしょうね。
大きく気圧が変化するわけですから、感じ易いのかもしれません。
何年前だったか、台風が来る前に鳥や虫たちの姿が見えなくなったことがありましたよ。

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ashimoto239.blog58.fc2.com/tb.php/384-b0657292
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

私、無事ですから。


今日も昨日の続きです。



金峰山は、身近な憩いの山です。
665mと高くないので、多くの人が登ります。

それに、山頂にTV局の電波塔があるため、山頂まで整備された道路が続きます。

今回はそのルートを登ってみました(3通りあるうちの1つです)。

ちなみに、金峰山のすぐ近くには、宮本武蔵が五輪書を書いたお寺や、
夏目漱石の草枕のモデルとなった場所があるんですよ。

静かな環境を好む私としては、宣伝して欲しくないんだなぁ。^^





何だかよく分かりませんが、こんな植物がいっぱい生えていました。

オオハンゲというのかな?
不思議な光景だったので、しっかりと憶えています。

なぜ、びよ~んと伸びているんでしょうね?
中を覗いて、引っ張ってみれば良かったです。^^





こ、これは… マムシグサの実に似てますね!

真っ赤に熟したときに見たことがあるだけで、まだ青い時期に見るのは初めてです。

たった1株だけ見つけました。

〔写真をクリックすると大きくなります〕





ミヤマフキバッタかな?

幼いバッタの見分けって、難しいですね。

この手のバッタ君たちは目がデカイので、ピントが合わせ易く助かります。^^
それに比べ、オンブバッタ君たちは目が点なので、難しいたらありゃしない。(笑)





上の子と同じ種類のような気がするけど…

落雷に遭ったみたいに、黒こげになっていましたよ。(笑)


さてさて、このシリーズはいつまで続くんでしょうねぇ。^^

コメント

[C3176]

無事でよかったです
最近私、山登りでも日傘をさしてるんですよ
だって毛虫やクモの巣やいっぱいでぶつかるんだもの~
↓の芋虫のお話でした。
さてここは思い出しながら読みました
熊本っていい街ですね
自然がすぐ近くにあって。
黒こげのバッタさんはまだ成長途中なのかしら?

[C3177]

無事で何よりです。
最近忙しいのと雨続きとで写真撮りに行っていません。
それにしても見事なオオハンゲですね~
苞をめくってみると、雄性期、雌性期、実のなりかけと時期によって面白いですよ~
マムシグサの仲間は栄養状態で、雄花、雌花になるそうです。
この株は栄養状態がよかったみたいですね。
バッタもこんな黒くすすけたような状態があるんですねぇ

[C3178] 懐かしい所

ご無事でよかったです。
なつかしい地名が次々出てくるのでしばらくこのシリーズを続けて欲しい気も・・・。
金峰山はいつ行ったきりかな???
近くの、細川ガラシャ夫人ゆかりの山や宮本武蔵のお墓あたりには、よく行っていましたよ。
昨年から野草に興味を持ち始め、こんど帰郷したら故郷の野草を撮りたいと思っていたところなので、一足先にこのページで見せていただき嬉しいです。

[C3183]

ご無事で良かったです! お庭は、台風の被害が出ませんでしたか?
水不足の解消はしたのでしょうがあちこちに大きな被害が出て人間の良い様には行かないものですね。

真黒のバッタ君、もうビックリです!!
すっかり雷の影響かと思ってしまいました(笑)
突然変異なのでしょうか?
珍しい動植物に目が白黒です!!

[C3184]

ここまで黒くなるとは・・・。
こりゃもう、本当に落雷に遭ったに違いない!w
どうすりゃここまで黒くなれるんかな、食いモン? 気まぐれ? 親の顔が見てみたい。
マムシグサは花も茎も変だけど、実も変ですよね。
なんつーか、見てる分には面白そうだけど、あまり仲良くなれなさそうな・・・^^;

[C3185]

pandaさんへ。
ご心配おかけしました。
草の上の青虫毛虫は避けられるけど、
上からびよ~んと降りてこられたら、どうしようもないですよね~。
傘を差すのが正解ですね。^^
改めて考えてみると、こんな都市の近くに山らしい山がある所も珍しいかもしれません。
ただ地元の人は、当たり前すぎて気づいていないと思いますよ。
あのバッタ君は、秋ごろにはあの3倍くらいの大きさになると思います。
色は…ずーっとあのままなのかな。^^
  • 2007-07-16 01:02
  • fumiQ
  • URL
  • 編集

[C3186]

かげさんへ。
ご心配おかけしました。この通り無事生きてます。
登り道の途中、オオハンゲだらけでした。
図鑑とかで見たことはあったのですが、
大量に上に向かって生えているところを見ると、恐くて触れませんねぇ。
オオハンゲも実が生るんですか!?
今度登るときの楽しみが出来ました。チェックしたいと思います。
茶色いバッタってよく見かけるんですが、
ここまで黒いバッタは初めてです。
目立たない色というよりは、むしろ目立ちすぎではないかと…。^^;
  • 2007-07-16 01:11
  • fumiQ
  • URL
  • 編集

[C3187]

hirahiraさんへ。
こんばんは。心配して頂き嬉しく思っています。
まだ梅雨なので、花壇の写真が撮れないでいます。
ですから、もうしばらく金峰山編が続くでしょう。
お付き合いの程よろしくお願いしますね。^^
hirahiraさんは、立田山近くにお住みだったのですか?
あそこも良い山ですよね~。
あそこでは、クワガタを採ったり、押し花を作ったり、
そして、細川家のお墓に行って、恐い思いをした経験があります。(笑)
  • 2007-07-16 01:18
  • fumiQ
  • URL
  • 編集

[C3188]

g-trmさんへ。
ご心配おかけしました。幸いにも被害は鉢が倒れたくらいで済みました。
北風が強かったのですが、家が壁となり、花壇を守ってくれたようです。
ただ1つ、可哀相なことに場所的に守ってもらえなかった金柑が、
ひたすら突風で揺れていました。(笑)
最後のバッタは意味不明なくらい真っ黒ですね。
緑が豊富な山なのに、どうして黒くなったんでしょう?^^
こればかりは本人に聞いてみないと分かりませんね。
  • 2007-07-16 01:24
  • fumiQ
  • URL
  • 編集

[C3189]

牛柄さんへ。
あそこまで黒いと、かえって敵に襲われないかもしれませんね。
そうとしか考えられません。^^
それとも、あんな色の種類のバッタがいるんでしょうか?
バッタの世界は、まだまだ奥が深いみたいです。
マムシグサとは、私も仲良くなれないです。
ただ、秋頃の真っ赤な実より、今の状態の方がまだ近づける気がします。
いやいや、気がするだけかな。^^;
  • 2007-07-16 01:31
  • fumiQ
  • URL
  • 編集

[C3191]

マムシグサとかムサシアブミとか、このオオハンゲ(?)にしても、
最近この手のお花に親近感を持てるようになったことが、
進化したものだと我ながら喜んでいることです。
バッタくん、黒い子もいるのね。
いなごの佃煮に見えちゃった… (^-^;スイマセン

気軽に山に行けるのはとても羨ましいです^^
  • 2007-07-16 10:39
  • あまぞんりりー
  • URL
  • 編集

[C3195]

あまぞんりりーさんへ。
マムシグサ!ムサシアブミ!オオハンゲ!最強のトリオですね。^^
まだまだ近寄り難いものがあります。v-411
いつの日か、綺麗だとか可愛いと思える日がやってくるんでしょうか?^^
我がことながら、楽しみです。
つ、佃煮ですか!?バッタ君ショック受けてますよ。(笑)

[C3217]

生き物はこの日も元気ですね。
台風が近づくと変わった行動をとる生き物もいそうですよね。
普段見慣れない花や生き物を見ると写真でも嬉しくなります^^
焦げたバッタは雌雄差なのかな~?

[C3234]

florさんへ。
地震前の鯰はともかく、台風なら奇怪な行動をとる生き物も多いでしょうね。
大きく気圧が変化するわけですから、感じ易いのかもしれません。
何年前だったか、台風が来る前に鳥や虫たちの姿が見えなくなったことがありましたよ。

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ashimoto239.blog58.fc2.com/tb.php/384-b0657292
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

管理人

ふみ

Author:ふみ
□ 熊本在住 
□ 男性 
□ ぼちぼちマイペース 
□ コメントを頂けると嬉しいです

検索はこちら

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。