Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつかどこかで。


今日は11月末のお話です。


金柑の木の周りでカメラを構えていたところ、黒く動くものを見つけました。

それは、日焼けしたかのような褐色のカマキリさんでした。


そのカマキリさんは、私を見るなり一目散に逃げ出したんです。

身構えることなく逃げ出すなんて…


皆さん、もうお分かりですね。




いつも"ホシアサガオ"に隠れていた、あの弱気なカマキリさんです。

ねっ、目を逸らしているでしょ。^^

この仕草、間違いありません。


ホシアサガオが枯れた後、忽然と姿を消してしまい、

もう会えないものと思っていただけに喜びもひとしおです。





葉の上に居たのも束の間、すぐに降りて鉢の後ろに隠れてしまいました。

その性格、全然変わってませんね。

再会を喜び合おうと思っていたのに、ひたすら逃げるカマキリさん。(笑)

もう、恥かしがりやさんなんだから。^^


懐かしいやら可笑しいやら、いとおしくてたまりません。


久しぶりに見たその姿は、ずいぶんと色変わりをしていましたが、

怪我1つなく元気に暮らしていたみたいです。



残念なことに、この写真を撮って以来カマキリさんに会えていません。


ここ最近1,2℃まで気温が下がることが多く、虫たちの姿も徐々に減ってきています。

先日もオンブバッタさん(♂)が亡くなっていました。

まだまだ花も緑も多いのですが、

じわじわと静かに冬の足音が聞こえてきています。


残された時間はそう長くはないと思います。

そう遠くない日に、また会えることを楽しみにしたいですね。


スポンサーサイト

Appendix

カレンダー

11 | 2007/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

管理人

ふみ

Author:ふみ
□ 熊本在住 
□ 男性 
□ ぼちぼちマイペース 
□ コメントを頂けると嬉しいです

検索はこちら

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。